営業エリア

今日は、お客様との打ち合わせが2件という予定です。
2件とも場所的には、自宅から近いところにあります。
午前中の予定は、9:30から開始ですし、
ペースを崩したくありませんので、
通常通り事務所に出勤です。
一度出勤して戻るような感じですね。
今のお客様のほとんどは、事務所から30分圏内にあります。
30分以上かかる場合はお断りしているわけではありません。
事務所の場所を決定する際にアクセスも重視したことの影響も大きいと思います。
これまで聞いたことがある話だと
近くの税理士を選ぶ
傾向もあるようです。
遠いと会社に来てくれない、近い方がすぐ対応してくれるだろう
というイメージみたいですね。
訪問頻度・対応の良さ会社と税理士事務所の距離
そんなに関係があるわけでもない気がします・・・。
ただ、マーケティング的には、
営業エリアを絞る
というのは、理にかなっていると思います。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###