受験勉強とビジネス

163

ドラゴン桜、全巻購入し、読み終わりました。
かなりペースを上げて読んだのですが、
これを読み終わらないと通常の読書に戻れないので・・・。

21巻のうち、1~10巻はオークション、11巻以降はAMAZONで新品という、
中途半端な大人買いです。
噂通り、おもしろかったことに加え、
多くのビジネス書で引用されている理由がわかりました。
受験勉強とビジネスの共通点です。
私自身今まで、高校、大学、公務員、税理士といった試験を受験してきたのですが、
公務員試験以前ははともかく、税理士試験でやっていたことは
ビジネスに通じるところが多いですね。
・基本的なことが重要なこと

・スピード、正確さが求められること

・能力に加え、メンタル面の強さも必要であること
など。
ただし、
受験勉強は合格という目標があり、試験日まで合格レベルを維持していればいいが、

ビジネス、人生は、目標はいくらでも設定することができ、

ずっと合格レベルを維持してなければいけない
再認識するとともに、
受験勉強時代と今やっていることをリンクさせると
いろいろと新たな発見ができました。

Spread the love
前の記事営業エリア
次の記事今日の定位置はテレビの前です。
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら