結婚したら税金が安くなる?

妹が来年5月に結婚することになりました。
その妹から、
「結婚したら税金安くなるの?」
との質問。
妹は、しばらくはそのまま働くので、
答えは、
「安くならない」
ということになります。
もし103万円以下の年収(手取りではなく額面金額)になるのなら、
旦那さんの扶養に入ることができます。
結果として旦那さんの税金が安くなります。
この安くなる金額は、
年収によって変わってきます。
一般的に「扶養に入ると、38万円控除がある」といわれますが、
38万円税金が安くなるわけではなく、
(収入-健康保険など-38万円)に税率(5%~40%)をかけたものが、
実質的に税金が安くなる金額です。
年収500万円くらいだと、38万円×10%=38,000円が
安くなる金額になります。
(これは所得税に限った話で、住民税も安くなります。)
そして、妹のさらなる答えは、
「安くならないの?え~、よく税金対策で結婚してるじゃん!」
この辺も含めて、年末調整という制度が、
税金への認識を曖昧にしている気がします・・・。
改めて妹には連絡する予定です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###