税理士事務所の戦略

税理士事務所の戦略として,
顧問先を獲得する際に
設立したばかりの会社にDMを送るという方法があります。
私も独立当初考えましたが,
コストの面などの問題からやめました。
別の形でDMはやったことはありますが,
今後はやらないと思います。
今日,訪問したお客様から,
「こんなの来てたよ」
といただいたのは,税理士事務所のDM。
そのお客様は最近関連会社を設立したからです。
見てみると,
かなりお金がかかってます。
フルカラーだし,業者に依頼して印刷されたもので
モデル(?)も使っているし。
このDMのコストと
新設法人の獲得時の報酬(それほど高くないと思われます)と
比較すると,採算はとれるのだろうかとも思います。
税理士事務所自体に体力(資金力)があれば,
問題ないかもしれませんが・・・。
しかし,パンフレットの表紙に書かれている
○○税理士事務所が
○○税理士事所
になっているのは,まずいような・・・。
まあ,DMをはじめ,いろんな戦略がありますね。
私は私で考えていることがありますし。
税理士業界は
待っていればお客様が来る時代,
一度契約すると税理士を変えないという時代が
すでに終わりつつあると思います。
だからこそ,それぞれの税理士が持ち味を出していくことが,
業界の発展にもつながるし,
サービスの向上にもつながるのではないでしょうか。