税金・会計業務のマトリックス

税金や会計に関して,行う業務は,
量も多く,面倒くさいものもありますが,
マトリックスで示すと税金・会計系の業務は次のようになります。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|
法律上必要であるか,経営管理上必要であるかで分けてみました。
前提として
法律で定められていることで代表的なものは,
記帳,税務申告,帳簿・領収書等の保存です。
A・・・法律○経営○
 当然行う必要があります。
 日々の経理により経営数字を把握することは,ここに当てはまります。

B・・・法律×経営○
 法律上は特に定められていませんが,経営上必要なものです。
 業績の分析や,比較などが含まれます。
 ここは,会社によって差があるところですが,
 個人的にはかなり重視しています。
C・・・法律○経営×
 ここに当てはまるものは,基本的にありませんが,
 考え方によっては,日々の経理や決算書を作成することがここに当てはまっている
 ケースがあります。
 好ましくないことですが,
 要するに,税務申告のために作業として,決算書を作っているという考え方です。
D・・・法律×経営×
 法律上も必要ではなく,経営上も必要ではない業務。
 意外とここに当てはまることをやっているケースも多いです。
 その理由は,
 ・前任者が行っていたから
 ・やらなければいけない業務だと思っていたから
 ・税理士から言われたor何も言われなかったから
 というものがあります。
 
 最も多いのは,手書きで税金・会計業務を行っていたときの名残で
 手書きの伝票や台帳などが残っていることがあります。
上記の事項を考慮し,基本的な方針を示すと,次のようになります。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|

・C→A  法律上必要である業務を経営管理に活かす
 税務申告のために決算書を作るだけでなく,その決算書及びその作成プロセスも含めて,
 経営に活かすという考え方です。
・D× 法律上も経営上も必要でない業務をやらない
 ここに当てはまる業務をなくし,Bを充実させるべきです。
 「これって面倒くさいなぁ」と思ったことがDだったら,即やめましょう。
 




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク