会社の「資産」と経営効率

資産家というと,現金,不動産や有価証券などの「資産」を多く持ち,いいイメージがあります。
会社の「資産」も多ければ多いほど,よい会社というイメージがありますが,
必ずしもそうではありません。
貸借対照表上の「資産」とは
会社の「資産」は,決算書の貸借対照表に表示されます。
貸借対照表を簡単に説明すると,次のようになります。
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
左側にあるのが資産。右側が負債・純資産です。
負債・純資産で調達してきたお金をどう使ったかを表したのが「資産」です。
会社の「資産」には,
現金,預金,売掛金(未回収の代金),商品(在庫),有価証券,車,不動産などがあります。
「資産」には,重要な論点が1つあります。
それは,利益を生んでいるか?お金になるか?ということです。

利益を生まない「資産」
「資産」には,利益を生まないものもあります。
例えば,
売掛金は,回収しなければ,意味がありません。
取引先からの回収が遅れれば,資金繰りが苦しくなりますし,
回収が不可能になれば,損失になってしまいます。
商品(在庫)も
売れれば,お金になりますが,売れ残れば損失になってしまいます。
不動産も同様に,
利益を生まない建物や土地を持っていても,維持費がかかるだけです。
以上のような理由から,
・売掛金の早期回収,
・在庫の圧縮
・無駄な不動産に投資しない,無駄な不動産は処分する
ということが行われるのです。
利益を生む「資産」をどれだけもっているかが,
経営効率のよさにつながります。
経営効率の比較
経営効率を2つの会社を比較して考えてみましょう。
AとBは,同じ利益の会社です。(青い棒が利益です。)
どちらが経営効率がよい会社といえるでしょうか?
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
より少ない資産で同じ利益を上げているB社の方が
効率がよい経営をしているといえます。
(資産の中身にもよります)
この効率を表す指標として,総資産営業利益率(ROA)があります。
総資産営業利益率=利益(※)/総資産
※「利益」は,当期純利益,経常利益,営業利益を使います。
※「総資産」は厳密には,期首と期末の平均値を使います。
この数値を前期と比較したり,同業他社と比較して,経営効率を把握することが重要です。
「資産」が多ければ多いほど,よいとは言えないわけです。
=====================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜,不動産投資の相談を受けました。
会社員の方です。
不動産投資は,税金や会計の知識が必要になりますので,
お役に立てるのはうれしいことです。
【読み終わった本】

イン・ザ・ブラック 継続的な黒字会社をつくる9つの原則/アレン・B・ボストロム
¥1,575
Amazon.co.jp

黒字にするための法則をマーケティング,プロダクション,アカウンティング(会計)という3つの視点から
書いた本。
アカウンティング分野は共感するものも多かったです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###