年賀状は何費?年賀状の勘定科目の考え方

年賀状は、○○費になるのでしょうか?
勘定科目の考え方についてまとめてみました。

年賀状に関する支出

年賀状を出す場合、
・ハガキを買って、宛名・裏面をプリンターで印字する
・印刷屋に注文する
・印刷されたハガキを買う
などといった方法があります。

この年賀状を出すために使ったお金は、何費と処理すべきなのでしょうか。

年賀状の勘定科目

普通のハガキを買った場合は通常,「通信費」となります。
年賀状を買った場合も,それに準じて「通信費」とすることが多いです。

広告宣伝の意味合いがあれば,「広告宣伝費」です。
もし,販売促進の意味合いがあれば,「販売促進費」になります。
あまり販売促進の意味で年賀状をもらいたくない気もしますが・・・。

年始のご挨拶という意味では,接待交際費?という考え方もあります。
ただし,接待交際費で処理してしまうと,法人の場合は,課税されてしまいます。

例えば,お歳暮は課税の対象です。
年賀状は,特に物品等を相手先に渡すものではありませんので,
「接待交際費」という選択肢は考えなくても良いかとも思います。

また,印刷屋に注文した場合は,
印刷費とハガキ代が請求されます。
この場合は,
印刷費→「支払手数料」,「業務委託費」,ハガキ代→「通信費」とする方法や
年賀状にかかった費用として,一括して「通信費」とする方法があります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


結論としては,「通信費」が基本で,
その他会社の事情に応じて「広告宣伝費」,「販売促進費」,「支払手数料」などで
処理することとなります。

勘定科目の使い方

上記のように勘定科目は,会社ごとに,それぞれの事情ごとに異なってきます。
重要なのは,会社側で使い方を統一することです。

昨年は年賀状購入費を「広告宣伝費」,
今年は,「通信費」にしてしまうと,
数字の正確な分析・比較ができません。

理由があり,統一していれば,どの勘定科目で処理しても問題ないということになります。
私の場合は普通に「通信費」にしています。

こんな記事も書きました。

==========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は,
ちょっと気が向いたのでこんなものを作ってみました。

鶏肉をハーブ(ローズマリー,タイム,パセリ,バジルなど)をのせ,
白ワインにつけたものをオーブンで焼いたものです。
ソースは赤ワインとケチャップとバターで。
今考えると,
ワインの白と赤を使うのはどうかと思いますが,
料理はその場のひらめきなので・・。
その他は,スープ,サラダ,自家製パンです。

=======================

【読み終わった本】

コンサルタントの勉強法/野口 吉昭
¥1,050
Amazon.co.jp

著者は「コンサルタントの質問力」「解答力」「現場力」の野口吉昭さん。
勉強とは,知識を得るだけではなく,認識→見識へと高めていかなければいけない。
認識までは勉強,見識からは研鑽である
という考えを基に勉強の方法,考え方,仕組み・環境作りについて書かれた本です。
新聞より本を読むべきであるとして,スピード読書術についても触れられています。

■スポンサードリンク
異業種競争戦略/内田 和成
¥1,785
Amazon.co.jp

著者は,ボストンコンサルティンググループシニア・アドバイザーの内田一成さん。
頻発している異業種格闘技
(異なる事業構造を持つ企業が異なるルールで同じ顧客や市場を奪い合う)
の構造を解説し,その競争に勝つには,どういう戦略をたてればよいかを論じた本です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』