・4年のスパンと税理士試験

冬季オリンピックは4年に一度の開催であり,サッカーのワールドカップと同じ年に行われます。
サッカー好きの私としては,ワールドカップの年というイメージが強いです。

税理士受験とワールドカップ

税理士受験時代にこの「4年に一度」のワールドカップがあった年があります。
2002年のワールドカップです。
このときに強く思ったのは,次の2つでした。
・その瞬間に成果を出さなければいけない点でワールドカップと税理士試験は似ているが,4年に一度しか開催されないワールドカップに比べて,税理士試験は毎年行われる。チャンスとしては恵まれている!
・次のワールドカップ(2006)には税理士試験が終わっていて(=税理士に合格),心置きなくサッカーを楽しむ!
幸運にも2006年時点では税理士試験が終わることができました。
何かを犠牲に・・・。
人生という大きな枠で考えた場合,何かを得るために何かを犠牲にすることがあります。
しかし,目指したいのは,過度に犠牲を増やさず,バランスよく望むものを手に入れることですし,不可能ではないと考えています。
ただ,オリンピック,ワールドカップ,試験というのは,瞬間的にアウトプットをし,その成果が求められるものです。
いくら練習で成果を出していても,模擬試験で成果を出していても意味がありません。
こういったものは,それなりに何かを犠牲にする必要があるのだと思います。
実際,私が税理士受験のときは,かなりのものを犠牲にしました。
受験に専念していたときには,収入を犠牲にしていましたし,その他やりたいこともせずに試験に集中しています。
サッカーもワールドカップは見ていましたが,毎週各国で行われるリーグ戦は見ていません。
そういったものを得ながら合格する道もあったのでしょうけど,当時はその余裕はありませんでした。
税理士試験は5科目合格が求められ,複数年にわたる試験です。
集中して成果を出すことが,その犠牲を最も少なくする方法だと思います。
ある先輩税理士は,現在かなりお好きなものがあるのですが,税理士試験期間中は,そのお好きなものを断っていたそうです。その期間は情報自体も空白という徹底ぶりでした。
その結果,試験に短期間で合格されています。
オリンピックであれ,ワールドカップであれ,4年というスパンは,税理士試験の目標設定の目安になりやすいと思います。
4年で5科目合格というのは決して達成できない目標ではありませんし,今科目をお持ちの方はなおさらです。
今の私としては,次のワールドカップ(2014年 ブラジル)のときは,何をやっているか・・・とやっぱり考えてしまいます。そのころは,年齢も42歳ですし,独立して7年目にもなるし,いろいろと成し遂げていたいこと,到達しておきたいレベルはありますね。
☆2/28(日)「決算書を読むための法人税の知識」勉強会 お申し込みは2/24(水)12:00まで
=============================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日,所得税確定申告のご依頼を新規でいただきました。
1月末に最初にお会いして以来,私もブログも見てくださっていたようで,非常に光栄です。
私は「新規契約のお話をいただいたときのために・・・」と常に余裕を作っておくことを考えていますが,今回は見事にその努力が実りました。
【読み終わった本】

多読術 (ちくまプリマー新書)/松岡 正剛
¥840
Amazon.co.jp

先日参加したセミナーで小山龍介さんが取り上げてくださった本です。
著者はイシス編集学校の学長である松岡正剛さん。
「本はノートである」,「キーブック」「書くことと読むことは酷似している」など,単に本を多く読むのではなく,読書の楽しみ方,スタイルが紹介されています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク