・税金の還付の方法及び流れ

個人の場合,確定申告をすると税金が戻ってくる場合があります。
この税金が戻ってくることを還付といいます。
前回の記事(・税金が還付される場合とその仕組み)に続いて,還付の方法,流れについての記事です。
還付の方法
所得税の還付の方法は2つあります。
1つめは,確定申告に銀行口座又は郵便局の番号を記載することです。
EX-IT|
ここに記載しておけば,還付金が振り込まれます。
注意すべきなのは,次の2点です。
・申告する本人と同じ口座名義であること。(旧姓も不可)
・インターネット専用銀行は原則×。
何か不備な点があると,税務署から文書が送られてきます。
その文書に正しい口座等を記載して返信することになります。
当然還付までの日数はかかります。
2つめは,郵便為替で受け取ることです。
この方法は,私も昨年知りました・・・。
還付の場合に,この欄に記載しない選択肢があるとは・・。
ある経営者から確定申告の相談を受けていて,前年の確定申告書控を見ていると上記の口座の記載がありません。
還付金について聞いてみると,「郵便為替で受け取った」ということでした。
ただ,その方は,口座に振り込まれることをご存じなく,顧問税理士からの説明もなかったとのことです。
そういうもの(郵便為替で受け取る)と思っていたということでした。
郵便為替を受け取ると,郵便局に行き,直接現金で受け取る必要があります。
郵便為替の到着にもしばらく時間がかかるようです。(その方は,1,2ヶ月後だったみたいです。)
手間と還付の早さを考えると,1の方法が無難かと思います。
「税務署に口座を教えたくない!」という方はあえて選択するという話を聞いたことがありますが・・・

還付までの流れ

還付されるまでの期間は,確定申告書を提出する時期にもよりますが,おおむね次のとおりです。
e-TAXの場合 3週間程度(2週間の場合もありました。)
郵送の場合  1ヶ月~1ヶ月半(正確なデータは分かりませんが,e-TAXよりは時間がかかるようです。)
還付の手続きが終わると,税務署からハガキが来ます。
郵送状況によっては,ハガキよりも先に還付が完了することも多いです。

還付されればOK?

「還付された=税務署が申告内容を認めた」というわけではありません。
還付の手続きと申告内容のチェックは別物です。
申告内容で何か不備があれば,4~6月くらいに連絡が来ることが多いですね。


☆2/28(日)「決算書を読むための法人税の知識」勉強会 お申し込みは2/24(水)12:00まで
======================
【編集後記】
最近,お気に入りの食材は「釜揚げしらす」。
今日は,アボカドと明太子とまぜて,ご飯にかけてみました。
EX-IT|
簡単にできて,おいしいレシピです。
しょうゆはお好みで。
【読み終わった本】

なぜ手取りはこんなに少なくなるのか/福田 稔
¥1,418
Amazon.co.jp

給料に関する本で,健康保険や年金,雇用保険まで幅広く書かれています。
一通りの知識は持っていますが,再確認のため読んでみました。
国民年金と厚生年金の違いなど,改めて理解できたことも多かったです。

女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様 (角川文庫)/山田 真哉
¥500
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

山田真哉さんの小説です。
読んだことがなかったので,読んでみようと,全巻購入しました。
いくつかのストーリーが複数掲載されており,テンポよく読むことができます。
そのストーリーごとに,1~2つくらいの会計の話が盛り込まれているというスタイルです。