・もしも過去の分の確定申告をしていなかったら

ビジネスを行ったり、給料以外の収入があったりした場合には、原則として確定申告をしなければいけません。
※個人の場合は確定申告をしなくてもいい場合もあります。
もしも過去の分の確定申告をしていない場合はどうするか??
法人、個人で、これまで確定申告をしなければいけないのに、確定申告をしていないという方もいらっしゃると思います。
やり方が分からなかった・・・
期限が過ぎてしまった・・・
今更申告したら、いろいろと問い詰められそう・・・。
などと、いろんな状況はあるでしょうが、こういうときこそ、税理士に相談すべきです。
税理士に相談→即、税務署に連れて行かれる
ということはありません(笑)
税理士としては、どうやって解決すればいいかを考えます。
実際に税金を計算してみると、税金が発生しなかったり、税金の金額が少なかったりする場合もあり、意外に簡単に解決するときもあります。
もし税金が発生していて、過去に納税していなければ、当然延滞税(罰金)はかかります。
しかし、支払うお金以上に、「どうしよう・・・」と日々考えていることは、精神的な負担になってしまいますので、早めに相談することをオススメします。
税金は負担感も大きく、考えると憂鬱になるという方も多いとも思います。
私もこの仕事をする前はそうでした。
「国民の義務」という割には、複雑ですし、情報が提供されていないものです。
かといって、無視できるものでもありません。
無視したり、避けたりするものではなく、税金と向き合って積極的にコントロールすることが重要です。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、友人2人の結婚式でした。
新郎は友人であるとともに、クライアントでもありますので不思議な感覚でした。
2人に出会ったのは、2008年12月に参加した、とあるセミナー。
税理士として相談を受ける中で、2人がお付き合いしていることを知り、結婚が決まったことを聞き、その経緯をうれしく思っていました。こういった喜びを共有させていただくことに感謝しております。
お幸せにクラッカー




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###