・1人会社の場合も7万円を払わなければいけないのか?

昨日の記事で、「1人社長の場合も7万円(法人住民税均等割)がかかるのですか?」という質問をいただきました。
1人で誰も雇わずに起業する場合、個人事業主として起業するケースと、会社を設立するケースがあります。
会社を設立すると、社員は自分1人です。
さらに会社の代表者である代表取締役も自分となります。
個人で事業を行っているときは、事業の利益に所得税・住民税・事業税等がかかります。
所得税とは、個人の所得(得た利益)にかかる税金です。
この場合の所得は事業所得といいます。
会社を設立、つまり法人で事業を行っているときは、事業の利益に法人税・住民税・事業税等がかかります。
法人税とは個人の所得(得た利益)にかかる税金です。

いくら法人で利益を得たとしても、社長である個人に税金がかかることはありません。
もし、会社から給料を受け取った場合に、その所得に対して所得税がかかります。
この仕組みは、1人会社でも、大勢の従業員がいる場合でも変わりません。
自分で自分に給料を支払っているようですが、会社(法人)と社長(個人)は法律上別物です。
あくまで会社(法人)から社長(個人)から支払っていることになります。
なお、会社設立は、1人でも可能です。
会社を設立したら、従業員の数に関係なく、最低7万円の税金(法人住民税均等割)がかかります。
その反面、1人会社でも法人の様々な特典を受けることができるのです。
遠慮せずに有効に活用しましょう。
これらの特典を利用できるのであれば、個人事業ではなく、会社を設立するべきといえます。
・個人事業主と法人の違い
・個人事業主が法人化する場合の10のメリット
・個人事業主が法人化する場合の6つのデメリット
===================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今日は朝からアポ4件。
水道橋→事務所→大宮→北浦和でした。
4件とも貴重な体験でした。
早朝のバイク練習30kmのダメージが徐々に出てきましたが(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###