・道具にこだわる

明日、駒沢公園の10kmマラソンに出場します。
それに備えてと言うわけでもありませんが、タイツ、シューズ、パンツを新しく買いました。
EX-IT|
今日は「道具にこだわる」というテーマです。
道具にこだわる理由
何か新しい物事を始めるとき、「道具ばっかりそろえても・・・・・・」と言われることは多いと思います。
ただ、新たに始めるときこそ、道具にこだわることが必要かもしれません。
特に次の2つの場合に効果があります。
・継続するにはある程度の努力が必要な場合
・道具がもたらす影響が大きい場合
もちろん、お金の問題がありますので、無制限に買えるわけではありません。
金額が安くても、デザインが気に入ったり、色が好みだったりすれば、十分効果があるでしょう。
今回のタイツとシューズも両方の効果があります。
今の時期に走るのは、寒くてつらいです。
そういうときに継続して走るために、今回、買ってみました。
タイツは、いわゆる機能性タイツと言われるワコールのCW-Xです。
以前から気になっていました。
寒さを防ぐほか、関節や筋肉をサポートしてくれます。
ひざや筋肉の故障を防ぐ効果もあるそうです。
実際につけて走ってみると、やはり疲労が少なく、走るときに下半身が安定します。
シューズは、これまでのシューズを2年くらい履いていたため買い換えです。
2年前と比べると、クッション性能も上がっています。
私の足は幅広なので、それに合わせたタイプにしました。
色は、モチベーションが上がる赤です。
そのほかスポーツでは、トライアスロンのバイク、ウェアもこだわって買いました。
スイムのパンツは結構適当なものを買ったので新しいものが欲しいところです。
EX-IT|
同じく今年始めたテニスでも、ラケットを買ってます。
日常の道具
前述した
・継続するにはある程度の努力が必要な場合
・道具がもたらす影響が大きい場合
という状況を考えると、スポーツだけではなく、日常の生活でも道具にはこだわるべきだと思います。
例えば、文房具。
お気に入りのペンやノートがあれば、仕事も楽しくなります。
何よりも継続するのにある程度の努力が必要な場合もありますからね。
PCもそうです。
こちらは特に道具がもたらす影響が大きい場合に当てはまります。
Macだけでなく、このデスクはかなりお気に入りですニコニコ
EX-IT|
服や靴もそうですし、身の回りの道具にちょっとずつこだわってみるといいと思います。
買いすぎには注意ですが(^_^;)
=========================================
【編集後記】
昨日の夜は、『税務弘報』連載の打ち合わせ。
連載第2回の内容や今後の流れを決め、その他、税理士業界や業務の話についても意見交換することができましたニコニコありがたいことです。
連載についての記事
・【執筆】『税務弘報』税理士ブロガーが教えます!ほんとうに使えるIT化処方箋

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』