・来年の予定を俯瞰する

先日、友人と会ったときに、その友人が1年分を見渡せるカレンダーを持っていました。
表と裏でじゃばらになっており、特注らしいです。
その後、私も欲しいなぁと思いつつ、探してみましたが、なかなかいいものがなく、結局Excelで作りました。
今回のテーマは『来年の予定を俯瞰する』です。

自作のカレンダー

作ったカレンダーはこんな感じです。
俯瞰できればいいので、極力シンプルに作りました。
縦軸に日、横軸に月があり、セルに決まっている予定を入れます。
土曜日は水色、日曜日はピンク、祝日はオレンジ、存在しない日(2月の29日や30日など)はグレーで塗りつぶしました。
EX-IT|
土日祝を意識する
土日祝を意識するのは、私自身の仕事のスタイルが、「土日祝は仕事をしない」と決めているからです。
「仕事」の定義は、クライアント関係の仕事というものであり、執筆や自社の事務、セミナー準備などはやっていいことになっています。
意外とこっちのボリュームも多い気がしますが(^_^;)
土日祝は、いざというときの秘密兵器です。
今年も3日くらい使いました。(ちゃんと数えてないのは反省点です・・・・・・。)
こうやって俯瞰してみると、「平日って少ないなぁ~」と思います。
自分のスタイルを貫くには、いろいろと考えなければいけません。
こうした方が、確実に平日の効率は上がります。
私の平日は、原則として6時~18時くらいと、12時間がありますが、自分で制御しないと、あっという間に時間が過ぎていってしまいます。
最初から分かっている予定を把握
実際には、このカレンダーにすでに入っている予定や原稿の締切を入れました。
2月までは話し方センターがありますし、テニスレッスンもとりあえず3月まではコースに申し込んでいます。
その他、マラソンのレースもすでに予定に入れています。
一覧性を重視しているため、予定は、1~2文字で入れています。
日にちは決まっていないけれど、月は決まっている予定も入れています。
Excelの行でいうと、2行目に仕事関係、34行目にプライベート関係のものを入れました。
仕事では、クライアントの申告月や、年末調整、プライベートでは、7月のトライアスロン、12月のマラソンを入れています。これらも逆算してトレーニングする必要があるので、入れておいた方がいいものです。
今後1年間の予定を一覧で見ると、どの時期に予定が多いかが分かります。
それに合わせて、トレーニングと同様に逆算して予定を立てます。
確かに急な予定もありますが、最初から分かっている予定もあります。
最初から分かっている予定は可能な限り効率的にこなしておけば、急な予定(仕事)が入っても、対応できます。
時間だけが余って、仕事がこなくても、それはそれで好きなことをやればいいと思っています。
仕事がいっぱいくるけど、時間がない状態は、私は望んでいませんし、私のキャパでは、余裕がないと仕事も中途半端になってしまうからです。
「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますが、時間がなく焦って予定をこなさなければいけなくなると、自分自身が笑えなくなります。
それを避けるためにも、今後1年間くらい予定は俯瞰しておこうかなぁというのが、私の考えです。
このカレンダー、もしよろしければ今日から1週間(12月31日まで)、ダウンロードできるようになっています。
Excelファイルです。

■スポンサードリンク

カレンダー
========================
【編集後記】
昨日はクリスマスらしくこともなく、普通に話し方センターの日でした。
やはり参加者は少なかったですね。
2分間スピーチは、「最近感じたこと」。
内容、話し方はほめられましたが、姿勢と声の低さが今後の改善点です。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』