・寄付に関する税金 その2 個人が寄付した場合

先日の記事に続いて、個人が寄付をした場合の税金について解説します。

・寄付に関する税金 その1 法人が寄付した場合


法人と個人とは取り扱いが異なる点があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・寄付に関する税金 その2 個人が寄付した場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原則的な取り扱い
個人の場合も、寄付をした場合は原則として経費として認められません。
しかし、一定の場合には、税金の計算上、考慮されます。
個人が寄付した場合の特例
○寄付の対象
個人の税金上、考慮される寄付金は、代表的なものとして次のようなものがあります。
・国、地方公共団体
・公益社団法人、公益財団法人等で財務大臣が指定したもの
・特定公益増進法人(赤十字、ユニセフなど)
今回、さらに特例措置が適用されます。
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/gien/index.htm

特定の募集団体を通じて寄付をした場合も、最終的に国、地方公共団体に寄付されるのであれば、全額経費に入れることができるようになります。
該当する団体に寄付をした場合、全額が税金の計算で考慮されます。
○控除される税金
まず、前提として、個人の税金は、主に所得税と住民税(都道府県民税、市区町村民税)があります。
それぞれにつき、寄付金が控除されます(「寄付金控除」といいます。)
所得に応じて、控除額が増減するという特徴があります。
・所得税
(寄付金の額(※)ー2,000円)を所得控除
※その年の総所得金額等の40%相当額


所得税は、寄付金から2,000円を差し引いたものを控除してから、所得税率をかけて税金を計算します。(「所得控除」といいます。)
次の図は、給与所得のみと仮定した場合の計算の流れです。
給与の額により、所得が変わりますので、寄付金の限度額及び税率が変わってきます。
年収500万円の方だと、限度額は、約138万円です。この場合の所得税の控除額は、約9万5,000円となります。
EX-IT|
・住民税
(寄付金の額(※)ー5,000円)×10%を税額控除
※その年の総所得金額等の30%相当額

住民税は、税金を計算してから、5,000円を差し引き、10%をかけたものを控除します。(「税額控除」といいます。)
給与の額により、所得が変わりますので、寄付金の限度額が変わってきます。
税率は一律10%です。
年収500万円の方だと、限度額は約103万円です。この場合の住民税の控除額は、10万3,000円となります。
EX-IT|
上記を踏まえて寄付による減税額を試算すると、年収500万円で単身の方だと、次のようになります。
1万円の寄付→所得税 800円 住民税 500円 合計1,300円
5万円の寄付→所得税 4,800円 住民税 4,500円 合計9,300円
10万円の寄付→所得税 9,800円 住民税 9,500円 合計19,300円
50万円の寄付→所得税 49,800円 住民税 49,500円 合計99,300円
100万円の寄付→所得税 76,100円 住民税 99,500円 合計175,600円
※所得控除(扶養、社会保険)の額によって減税額は変わります。
さらに寄付が都道府県・市区町村である場合は、さらに控除があります。
いわゆる「ふるさと納税」です。
これについては、次回、取り上げます。
○控除される時期
平成23年(2011年)に寄付した場合、所得税は、平成23年分から控除されます。
住民税は、平成24年6月以降に納付する住民税から控除されます。
○必要な手続き
寄付金の領収書を添付して(e-Taxの場合は提出を省略することも可能)、確定申告をしなければいけません。会社の年末調整では控除されません。
来年の確定申告時期に、改めてその方法を記事にする予定です。
また、寄付金控除の金額を算出するExcelファイルも準備しています。

=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今朝は通常通り出勤しましたが、6時前は、平常時と同じくらいで、それほど混雑していませんでした。
(JR総武線)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###