・時間を加味した投資効率

会社の業績で、効率をはかる指標がいくつかあります。
代表的なものは、ROA[総資産(総資本)]利益率。
投資したものに対して、どれだけ利益が出ているか?という投資効率をあらわす指標です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・時間を加味した投資効率
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じ利益でも
次の図では、①も②も同じくらいの利益が計上されています。(赤)
しかし、①の方が、②よりも多くの資産を持っています。
資産には、現金、預金、売掛金(未収の代金)、在庫、土地、建物、車などがあり、いわば、会社がいくら投資しているかを示します。
効率を考えると、投資額が少なくて、利益を上げる方が好ましいわけです。
株式を100円買って、100万円の利益を出すのと、1万円買って、100万円の利益を出す場合を考えてみてください。
当然、前者の方が効率がいいです。
①と②では、②の方が少ない資産で利益を出しているので、投資効率がよいということになります。


EX-IT|


時間を加味した投資効率

私は決算書に表現されないもう1つの指標に注目しています。
それは時間です。
③と④は、資産も同じくらい、利益も同じくらいですが、その利益を生むために必要な時間が異なります。
③は④よりも、時間の効率がいいのです。
EX-IT|

私は、業績を判断する際に、この「時間」も加味します。
ここでいう「時間」とは利益に直結すると思われる時間です。
③の場合は、④の場合よりも、利益につながらないものに時間を投資できる機会が多くなります。
「利益につながらないものへの時間投資」が、結局は、利益を増やすことになる気がします。
もちろん、「利益につながらないものへの時間投資」ばかりではいけませんけどね。
(自戒の念をこめて(^_^;))
だからこそ、時間と利益(お金)の両方の視点が必要なのです。
5/14(土)一人で仕事をしている人のための 自由な時間とお金の増やし方ワークショップ

=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
メルマガ『税理士進化論』、昨日から配信開始しました。
現在、120名ほどの方にご登録いただいております。
ありがとうございます!
しばらくは、ほぼ日刊で配信していきます。
・『税理士進化論』創刊します




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###