・MacでWindows

私は今Macしか使っていません。
税理士業務では、Windowsがどうしても必要です。
そのため、ずっとMacを使ってみたかったのですが、使えないという事情がありました。
今はその問題が解決されています。MacでWindowsを使えるからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・MacでWindows
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MacでWindows

MacでWindowsを使うには2つの方法があります。

1 Bootcamp(ブートキャンプ)
この機能はMacに標準でついてきます。
MacをWindowsマシンにする仕組みです。
ただし、Mac→Windows、Windows→Mact切り替えるには再起動しなければいけません。
私はめんどくさいので全く使っていません。

2 仮想化ソフト
仮想化ソフトとは、Mac上で擬似的にソフトを動かせるものです。
そのソフトにはWindowsも含まれます。
こんな感じで使えます。
左がWinodwsで動いているExcel、右がMacで動いているブラウザです。
もちろん、コピーアンドペーストもできますし、周辺機器(プリンタ、スキャナなど)もそれぞれで使うことができます。
EX-IT|
アイコンもこんな感じで並べることができます。
アイコンに赤い縦の棒がついているのがWindowsのアプリです。
EX-IT|
Windows、Macにかかわらず、ファイルの検索もできます。


仮想化ソフト

仮想化ソフトとして有名なのは次の2つです。
私はパラレルを使っています。
どちらも性能差はほとんどないようです。
パラレルデスクトップ
http://www.parallels.com/jp/products/desktop/

フュージョン

このソフトをインストールし、WindowsOS、Windowsソフトをインストールすると使えるようになります。
私は安全性を考慮してWindowsXPを入れています。

注意点

MacでWindowsを使うには注意点がいくつかあります。
1 PCのパワーが必要
仮想化ソフトを使うには、PCのパワー(性能)が求められます。
最新のMacなら大丈夫だと思いますが、機種によっては、つらいかもしれません。
私が使っているMacBookPro(Core i5 4GBメモリ)では、遜色なく動きます。
Airでは厳しいのではないかなぁと思っています。
(私は結構複数のソフトを立ち上げますので特に)

2 PCのHDD容量が必要
仮想化ソフト自体で20GBから30GBのHDD容量を使います。
そのため、HDDが64GBのMacBookAirでは厳しい気がします。

3 WindowsOSが必要
前述のとおり、仮想化ソフトに加えて、WindowsOSが必要です。
2万円程度で手に入ります。
仮想化ソフトのおかげで、税理士をやりながらMacを使うことができています(笑)
ありがたいことです。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜は、クライアントの社長と食事。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
こういった機会は積極的に作っていきたいと思っています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###