・上達と挫折

土日でトライアスロンの合宿に行ってきました。
スイム・バイク・ランの実践的な練習や基礎の習得といった内容です。
場所は千葉県・館山市。
自宅から電車で3時間弱。
バイク、ウェットスーツなど大荷物です。
EX-IT|
館山には初めて行きましたが、なんとなく実家の宮崎にも似た風景でした。
EX-IT|
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・上達と挫折
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の合宿では、2つの収穫があります。
1つめの収穫は上達。
物事が上達する過程は楽しく、自分自身へのいいフィードバックがあります。
『上達の法則』では、
”仕事以外のいわゆる趣味において、上達をどこかで経験しているということが、仕事への落ち着いた自信にも反映している場合がある”
といっています。

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)/岡本 浩一
¥714
Amazon.co.jp

「場合もある」とありますが、ちょっとずつ上達しているという感覚は、間違いなくいい効果があると思います。
今回も日々のトレーニングの成果を発揮できたところがありました。
もう1つの収穫は、挫折。
挫折とは、自分のレベルの低さを再確認したことです(^_^;)
トライアスロンに関して、当然、レベルが高いとは思っていませんでしたが、いろんな意味でショックもありました。
まだまだ未熟です・・・・・・。
特にスイムは練習量が足りないなぁと感じました。
こう書くと変に思われるかもしれませんが、こういった挫折は常に必要だと思います。
『挫折力』では、
”挫折とは、ある意味、能力以上のことに挑戦した結果である”
といっています。

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)/冨山 和彦
¥861
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

慣れ親しんだこと、楽にできることばかりをやっていては挫折は少ないです。
逆に、新しいこと、難しいことをやると挫折が多くなります。
その挫折を乗り越えることが必要であり、いい効果があることだと思っています。
これはトライアスロンに限ったことではなく、人と話す、本を読む、セミナーにでるなど、挫折を感じる部分は多いです。
自分のスキルを上げるために、すすんで挫折を味わっている気がします(^_^;)
挫折するようなことに挑戦し、その分野で上達を目指す、しかもそれを楽しんでやるのが重要かなぁと思います。
=========================
【編集後記】
疲れをとるため、早めに寝ます(^_^;)
普通の日もこのくらいに寝ることありますけどね。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』