・Amazonの購入履歴を管理する方法ーEvernote+Excelー

Amazonで本やPCパーツを購入した場合、その履歴を一括して管理する方法がありません。
(もしかするとあるのかもしれませんが)
最近私がやっている管理方法です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・Amazonの購入履歴を管理する方法~Evernote+Excel~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
使うツール
使うのは、Evernote(GoogleChromeの拡張機能を含む)、Excelです。
拡張機能とは、ブラウザ上で右クリックをすると、選択範囲をEvernoteに取り込むことができるものです。
Chromeの他、Firefoxなどにもあります。
Chrome版はこちらのEvernote公式ブログを参考にしてください。

http://blog.evernote.com/jp/2011/05/25/3093

Amazonの購入履歴を管理する方法

1 Amazon→Evernote
Amazonの購入履歴([アカウントサービス]→[注文履歴])を開きます。
EX-IT
該当月の履歴を選択して、右クリックします。
EX-IT
すると、Evernoteにこのように取り込むことができます。
EX-IT
2 Evernoteでのマージ
注文が多くなると、複数のページをEvernoteに取り込まなければいけません。
バラバラだと管理しにくいので、これを1つにまとめます。
Evernote上で取り込んだノートブックを全て選択(Win→Ctrlを押しながらクリック Mac→Commandを押しながらクリック)して、右クリックすると、次のようなメニューが表示されます。
ここで、[ノートブックをマージ]をクリックすると、
EX-IT
このように1つにまとまります。
EX-IT
3 Excelでの集計
ここからの金額集計を自動でできればいいのですが、現状ではできません・・・・・・。
Evernoteを見ながら、Excelに金額を入力していきます。
電卓で計算してももちろんいいのですが、見直しや計算履歴を残すためにExcelに入力しておくと便利です。
Amazonで購入したものには、書籍代、消耗品代が含まれていると思います。
さらに仕事用、プライベート用が混ざっているかもしれません。
(全部経費に落としては×です(^_^;))
そこで、それぞれを区別するフラグをたてて、Excel上でピボットテーブルを使って集計します。
次の例だと、
・空白→ビジネス 書籍代
・1  →ビジネス 消耗品代
・2  →プライベート 消耗品代
・3  →プライベート 書籍代
です。
番号に意味はなく、自分で把握できれば、なんでも大丈夫です。
必要なら、あとで文字に変えることもできます。

EX-IT
集計結果をEvernoteのさきほどのノートの末尾に貼り付けておいてもいいでしょう。
このノートをPDFにすることもできますし、印刷もできます。
EX-IT

Amazonのサイトで、月別に明細を集計してくれて、Excel形式でダウンロードできるとうれしいんですけどね。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜、パエリアを作ってみました。
3月にバルセロナで食べたのをイメージしながら(笑)
なかなかいい感じでした(^_^)
EX-IT
・7/24「ストレスフリーな時間を作るためのPC活用術セミナー」開催します!




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###