・新MacBookAir ベンチマークの比較

新しいMacBookAirが発売されました。
今回の特徴は、
・CPUがパワーアップ
・市販モデルの一部がメモリ4GBに(1066Mhz→1333mhzへ)
・バックライトキーボード搭載
といったところです。
残念ながら稼働時間、薄さ、軽さに変化はないようですが、性能がアップして稼働時間、薄さ、軽さがそのままというのは評価されるべきことだと思います。

見た目は区別つきません。
EX-IT

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・新MacBookAir ベンチマークの比較
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が購入したのは、次のようなスペックです。
○MacBookAir(2011)
 11.6インチ Core i5 1.6GHz  memory 4GB  SSD 128GB
Xbenchというソフトで性能のベンチマークを測定すると、193.42でした。
EX-IT
去年のモデルは次のようなスペックです。
○MacBookAir(2010)
 Core2Duo 1.4GHz memory 2GB  SSD 128GB
(OS:Lion)
同じくベンチマークを測定してみると、117.76でした。
正直、最初のうちは差を感じなかったのですが、複数のソフトを立ち上げつつ、仕事に使ってみると、反応速度が結構違います。2011版はよりきびきび動く感じです。
EX-IT
メインで使っているPCは次のようなスペックです。
○MacBookPro(2010)
 Core i5 2.4GHz  memory 8GB  SSD 128GB
(OS:Lion)
ベンチマークは、227.87。
EX-IT
数値は負けていますが、MacBookAir(2011)も遜色なく動きます。
メインのPCにしてもいいくらいです。
MacBookAir(2011)では、MacBookAir(2010)では厳しかった仮想PC(ParallelsDesktop)も普通に動きます。
(動画を準備していますので、明日以降の記事でアップします。)
あえて欠点を言うと、稼働時間でしょうね。11.6インチモデルでは、公式には5時間、実際には、2.5~3時間くらいしか持ちません。(照明を一番暗くするなどの工夫が必要)
13インチだともう少し持つようです。
仕事上、Windowsを使う方は、
・WindowsPCと併用する、
・仮想化ソフトを使う
・Bootcamp(標準で付属している機能で、起動し直すことでWindowsとMacを切り開ける)を使う
という方法があります。
私は仮想化ソフトを使っています。
[参考記事]
・iPad2 or MacBookAir ?
・Macを買ったらやっておきたい設定
・Macの改造(SSD、MacBay、メモリ)
・MacでExcelを使うには
・WindowsとMacの基本ソフト
・MacBookを使用してみた感想
・MacでWindows
・MacでWindows その2 MacBookAir編
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、耳鼻科で鼓膜を切開しました。
中耳炎の影響で鼓膜の奥に水がたまってきてたからです。
最初に聞いたときは、びびりましたが、
麻酔をするので、切開自体、痛みはほとんどありませんでした。
水泳は、さらに1週間以上禁止。ラン、バイク、テニスは、そろそろ再開できそうです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###