・新旧MacBookAirの動画による比較

新しいMacBookAir、どのくらい性能がアップしたのかを自分でも知りたくて、比較実験をしてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・動画による新旧MacBookAirの比較

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 Paralells Desktopの起動
私がMacを使う上で、最も負荷が高いソフトを起動させみました。
Windowsを動かすParalells Desktopです。
次の2つを比較に使いました。
○MacBookAir(2011) 右
 11.6インチ Core i5 1.6GHz  memory 4GB  SSD 128GB
○MacBookAir(2010) 左
 Core2Duo 1.4GHz memory 2GB  SSD 128GB
(OS:Lion)

新MacBookAir(2011)の方が、起動がかなり速いです。
起動だけではなく、ストレスなくWindowsが動きます。
旧MacBookAir(2010)では、まともにWindowsは動きません。
2 PCの起動
次は、PCの起動を比較してみました。
○MacBookPro(2010) 上
 Core i5 2.4GHz  memory 8GB  SSD 128GB
(OS:Lion)
※市販モデルにメモリーを増設し、HDDをSSDに変更しています。

○MacBookAir(2011) 右

 11.6インチ Core i5 1.6GHz  memory 4GB  SSD 128GB

○MacBookAir(2010) 左

 Core2Duo 1.4GHz memory 2GB  SSD 128GB
(OS:Lion)

新MacBookAir(2011)が20秒
旧MacBookAir(2010)が26秒
MacBookPro(2010)が42秒
というところです。
Airは、SSDが基盤に直付けされているため、応答速度が速いと言われています。
その効果が表れているのでしょうね。
起動も速く、重いソフトも動くと言うことで、モバイルPCの選択としてはかなり有力ではないでしょうか。稼働時間はちょっと少ないですけどね。
昨日試してみた感じでは3時間半というところでした。(使用環境により変わると思います)
今日のセミナーは、新MacBookAirでやる予定です。
=========================
【編集後記】
昨日、ブログに関するセミナーに参加しました。
鼓膜に穴が開いてるため、水がときどき出てくるという状態でしたが(^_^;)
聞こえは問題はありません。