・「UPAD」でiPadでの校正に再度挑戦したら、なんとかできました。

『使える経理帳票 Excel2010/2007』の2回目の校正が完了しました。
9月30日から10月5日ごろには店頭に並ぶ予定です。
今回の校正は再度iPadで挑戦してみました。
結論からいうと、iPadでの校正は十分可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
「UPAD」でiPadでの校正に再度挑戦したら、なんとかできました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再度挑戦した過程

1回目の校正で、iPadを使ってみましたが、なかなかうまくいきませんでした。
9月2日にこんな記事を書いています。
・書籍の校正にiPadは使えるか?
結局は紙に直接書き込み、必要な箇所のみテキストデータで作成しました。
1回目の校正はデータと紙で原稿を受け取っていたからです。
ところが、その記事を書いた前日9月1日に、いつも参考にさせていただいているブログで、こんな記事があったのです。
iPadでのPDF編集がめっちゃ便利で泣けてきた with UPAD
「やっぱりiPadでの校正はできるじゃないだろうか?この「UPAD」ってアプリ使えばなんとかなるかな」
と思い、とりあえずアプリを購入してみました。

UPAD /PockeySoft
¥450
iTunes

※モバイル非対応

そして、先週の9月13日(火)の夜、2回目の原稿が届いたのです。
今回届いたのはデータ(PDF)の原稿のみで、2回目の校正をスタートしました。
「今回はデータしかないし、今こそUPADを試すときじゃないか!」とiPadでの校正に挑戦したわけです。
時間も限られており、効果も未知数でしたが、こういうときこそ新しい可能性に挑戦すべきです(^_^;)
これまで試したアプリ
これまで使ってみたアプリで校正では、いろんな欠点がありました。
「GoodReader」では、文字を入力する場合とページめくり・拡大・縮小する場合の切り替えがややめんどくさいのです。
ページめくり・拡大・縮小は非常にスムーズなのですが、文字を書く際には、そのまま書けるわけではなく、いったんメニューを表示→フリーハンドのアイコンをタップ→文字を書く→Saveという段階をふまなければいけません。
メニュー表示もさっと出てこないことがあります。長くタップをすればいいのですが、私のやり方だとすぐ出てくるときとそうでないときがあります。
その一瞬のもたつきが嫌いで、校正には使っていません。

GoodReader for iPad /Good.iWare Ltd.
¥450
iTunes

※モバイル非対応

「neu.Annotate PDF」はページめくりをタップで行うことができ、そのまま文字を書くことができます。
文字を書く→ページめくり→文字を書くという動作がメニューを表示させずにできるわけです。
ただし、拡大・縮小の反応が遅く、少しタイムラグがあります。
やはりこのタイムラグが嫌いで、まとまった量の校正には使っていません。
チェックリストにはこのアプリを使っています。

neu.Annotate PDF /neu.Pen LLC
¥0
iTunes

※モバイル非対応

iPadアプリ「UPAD」
今回使った「UPAD」では、上記の欠点をカバーしています。
多少問題はありますが、ほぼ実用可能なレベルです。
○ファイルの移動(PC→iPad)
PC上のPDFファイルをiPadに移し、「UPAD」で開く必要があります。
私はiTunesを使いました。
PCとiPadをケーブルで繋ぎ、iTunesでサイドバーの[デバイス]→[iPad]→[App]→[UPAD]→[追加]でファイルを選択し、[同期]すれば、ファイルを移すことができます。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


EX-IT
Dropboxを使って移すことも可能ですが、ファイルの容量が大きいとやや時間がかかるため、ケーブルでつなぐ方法を使っています。
○編集画面
「UPAD」でPDFファイルを開くとこのような画面になります。
ペンを使えば文字を書くことができます。
ページをめくる場合は、下部の赤い枠で囲ったアイコン(矢印)をペンでタップします。
拡大・縮小は、二本指で行います。非常にスムーズです。


○ページ移動
下部のページ番号をタップするとプレビューを見ながらページを移動することができます。
EX-IT

○テキストの入力
上部のアイコンの[T]をタップすると、このようにテキストデータを入力することも可能です。


○ファイルの移動(iPad→PC)
校正が完了したら、ファイルをPCに戻します。
「UPAD」では、いったんPDFファイルに変換しなければいけません。
上部のアイコンをタップすると次のようなメニューが出てきますので、[PDFに変換]を選択します。
[メールに送信]というメニューもありますが、最大10ページ分しかメールで送ることができません。
EX-IT
[PDFに変換]も最大50ページまでという制限があります。
これが残念なところです。
50ページずつ分けてPDF変換→PCへ移動という処理をしなければいけません。
EX-IT
PDFに変換後、次のようなメニューが表示され、[OK]をタップすると、Dropboxなどにファイルを送ることができます。
ここで[キャンセル]をタップし、PCとiPadをケーブルをつなぐとiTunesで移動させることができます。

EX-IT

ファイルのやりとりが少し手間がかかりますが、ストレスなくiPadで校正することができます。
一度書いた文字を消すことも簡単ですし、何よりも原稿を持ち歩かなくてもいいのが便利です。
今後はiPadで校正しようかと思っています。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜は、大井競馬場のトゥインクルレースに。
個室で観戦したり、厩舎を見学できたり、楽しいひとときでした。
成績は4戦全敗でしたが(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク