・勤めていたときの仕事術

IT活用、仕事術など、当ブログでもよく取り上げていますが、会社員の場合と独立している場合で、活用方法が異なると思います。
勤めていた頃を思い出してまとめてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・勤めていたときの仕事術
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勤めていたときの仕事術
直近で勤めていたのは税理士事務所です。
2007年7月末まで勤めていました。
・早起き、残業
ほとんどゼロでした。
ぎりぎりに起きて、終わったら帰るという生活です。
・Gmail
Gmailは使っていましたが、特定の担当先との連絡のみです。
仕事以外で見ることはほとんどありません。
勤めていたところのメールアドレスが1つしかなく、それを共通で使うのが嫌だったため、Gmailを使い出しました。
・携帯
Gmailを携帯で見ることもなく、携帯メールアドレスのみを使っていました。
職場からの連絡は多少ありましたが、電話以外では、そんなに活用してはいません。

・スケジュール管理
もともとメモをあまりしないタイプで、スケジュール帳も持ち歩いてませんでした。
記憶頼りです(^_^;)
そんなに案件が入ることもなかったので、それで十分でした。
唯一職場で使っていたのは、3ヶ月カレンダーです。
Excelで作って、3ヶ月スパンで予定を組んでいました。
簡単に再現するとこんな感じです。
これをプリントアウトして、手書きしていました。
月が変わると、切り貼りして、常に3ヶ月分先まで予定が組めるようにしています。

 

・タスク管理
タスクの管理も、今のようにはやっていません。
仕事以外で思いついたアイデアもメモせずに、記憶に頼っていました(^_^;) 
ただ、簡単なタスク管理はWordでやっていました。
線を引き、線の上にやるべきことを入力し、完了したら線の下に移動させます。
 
再現するとこんな感じです。
EX-IT
■スポンサードリンク

・仕事の改善
Excelを使った仕事の改善は、今と変わらずやっていました。
なによりも「無駄に残業したくない」「あわてたくない」「勤務時間以外に仕事を考えたくない」という不良社員だったので、スケジュール管理、タスク管理、仕事の改善は欠かせませんでした(笑)
「改善しないと嫌な残業をしなきゃいけなくなる…」「でも手は抜きたくない」という強迫観念もあった気がします。

残業を減らす秘訣?

働いていたときは、本もまったく読んでいませんでしたし、セミナーにも参加したことがありませんでした。もちろんスポーツもやってません。いったい何に時間を使っていたんだろう?って感じです(笑)
税理士受験中は勉強していましたけどね。
当時とは状況も変わっているとはいえ、今、会社員の方で、いろんな活動を精力的に行っている方を見ると、本当にすごいと思います。
今、私が会社員をやっていたとしたら、仕事のやり方が変わっていたかどうかはわかりません。
スケジュール管理、タスク管理、仕事の改善はやはり取り組んでいたでしょうね。
これらは最初に勤めたときからやっていました。
仕事量がそれほど多くなかったという事情もありますが、私が会社員時代、残業をほとんどしていないのはこれらのおかげです。もちろんExcelも役に立ちました。
残業を減らすために必須のことかもしれませんね。
=========================
【編集後記】
昨日の夕食は、海練で行った保田(千葉)で買ってきた干物。油ものっていておいしく、醤油付けなくても食べれるくらいです。
しかも安い。
こっちでも手に入らないかなぁと思うのですが・・・・・・。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』