・「たたかう」「にげる」「どうぐ」というコマンド

常々私が思っていることに
「現実世界に魔法はない」
ということがあります。

確かに魔法があればいろんなことができるのでしょうが、「使えない」という現実は認識しなければなぁと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・「たたかう」「にげる」「どうぐ」というコマンド
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コマンド?
冒頭のようなことを考えているときに、ドラクエのコマンド画面が思い浮かびます。
こんなやつです。

ドラクエだと、魔法でなく、「じゅもん」といいますね。

(ドラクエも徐々にコマンドは増えてますが、とりあえず初代のものをとりあげました)

つい、「じゅもん」で

・時間が上手く使えるようになる

・お金の管理ができる

・仕事がうまくこなせるようになる

・ストレスがなくなる

・成績が上がる

などといった効果を期待してしまいがちです。

しかし、現実の世界だと、「たたかう」、「にげる」「どうぐ」はあるとしても、「じゅもん」はありません。

だからこそ、残りの3つを駆使しなければいけないと考えています。

地道に「たたかう」、時には「にげる」、そして「どうぐ」を使いこなす。

これの繰り返しのような気がします。


3つのコマンド

「たたかう」

→仕事全般でしょうね。

「にげる」

→意外とこれが重要かと。私は結構「にげる」をやっています。

【しないことリスト】もその一環です。

強い敵から逃げるというか、自分の理念、主義と異なるものから逃げるという感じでしょうか。

ホント、全力で逃げます(笑)

「どうぐ」

→これはIT機器、PCやソフトに該当するかなぁと思います。

メモや文房具もそうでしょう。

使いこなすと、戦い全般が楽になるものです。

いわゆる成功している方々は、すごい「じゅもん」を使っているかのようですが、実は、同じように「じゅもん」というコマンドはない気がします。

(最初の能力や得た経験値の差は感じますが・・・・・・)

私の好きな言葉に

「訓練、訓練、訓練。訓練が巨匠を作る。天から降ってきた巨匠はいない」(ゲーテ)

というものがあります。

訓練なしで力がつくのが楽でいいんですけどね。
こればっかりは仕方ないかなという気がします。

■スポンサードリンク

=========================
【編集後記】
昨日、両親とビデオスカイプ(カメラを使ったスカイプ)をしたら、
「二回りくらい太った?」
と。
確かに体重は増えていますが、二回りはないかと(^_^;)