・アウトプットとインプットのバランス

昨日、『経理アウトプット1級認定講座』の講師を務めました。
レポートは後日改めて記事にします。

今日のテーマは「アウトプットとインプットのバランス」。

よく言われることですが、アウトプットするにはインプットが必要です。
それは我々専門家にも言えること。
十分なインプットがなければ、いいアウトプットはできません。

アウトプットとインプットのバランスを考えてみると、インプットが少なく、アウトプットが多いというケースはほとんどないと思います。

現実的には、こういうバランスになるでしょう。
まったく均等になるわけではありませんが、インプットあってのアウトプット、アウトプットあってのインプットです。

しかし、専門家はこうなりがちです。
ひたすらインプットをするけど、アウトプットがないケースです。

時には、こういうケースも見受けられます。
インプットもアウトプットもないケース。
こうならないように・・・・・と日々心がけています。


■スポンサードリンク


アウトプットといっても、話す、書くなど様々な形があります。

私が非常に効果があると思うのは、オープンにアウトプットすることです。
話すのであればセミナー、書くのであればブログ。
特にセミナーは、資料作成も含めると、書く、話すの両方を体験できます。
聴いてくださる方がいてこそ成り立つものですけどね。

そうでなくても、目の前のお客様、部下、上司、友人にアウトプットするだけでも効果があると思います。

=====================
【編集後記】
今日は5歳の甥っ子のお遊戯会に行きます。
宮崎の両親(甥っ子のおじいちゃん、おばあちゃん)も来ているので、負けじと(笑)
2歳の甥っ子の誕生日プレゼントもすでにAmazonから直送済みです。
隠してもらっていて、直接渡します。
悩んだ末、トーマスにしました。

■スポンサードリンク

なんか甥っ子関連の出費が2倍になりつつありますが、気のせいでしょうか・・・。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』