・会計ソフトの選び方〜税理士に依頼している場合・していない場合

会計ソフトは、市販のものを中心に様々な選択肢があります。

どうやって選べばいいか?は、税理士に依頼している場合、していない場合によって変わってきます。

○税理士に依頼している場合
顧問税理士がいる場合は、その税理士がオススメする会計ソフトにするのが無難です。

どういうソフトをオススメするかというと、
・使いやすさ
・料金
などといった要素から判断しているのですが、税理士側の事情による場合もあります。

率直に言えば、すべてのクライアントに同じ会計ソフトが入っていた方が効率はよくなります。
とはいえ、今まで使っていた会計ソフトを変更してもらうか?というと、非常に判断が難しいところではあります。
もちろん、クライアント側に会計ソフトが導入され、クライアントで入力が行われている場合です。

はじめて会計ソフトを導入するのであれば、税理士がすすめるものに決め、すでに導入しているのであれば、相談の上決めることになります。
税理士変更を重視するか、同じ会計ソフトを使うことを重視するかですね。
まあ、前者を重視すべきといいたいところですが・・・・・・。

なお、会計ソフト間のデータの移行は可能です。
市販のソフトやExcelを使ってデータを移行します。
私は当然Excelで移行しています。

○税理士に依頼していない場合

個人の場合、会社の場合と事情は異なりますが、一番シェアの高い弥生会計を選ぶのが無難だと思います。
弥生会計さんとはつながりがあるわけではありませんが、値段と性能のバランスがとれているからです。

いざ税理士に依頼するとなった場合でも、税理士が弥生会計に対応している可能性は高いので、問題となりません。
他のソフトに変えるように言われる可能性もありますが、それまでは十分使えます。

個人事業主の場合は、税務申告を会計ソフトでやるかどうかにより、その必要性が変わってきます。
ここで気をつけたいのは、税務申告は、毎年のように変わる可能性がありますが、会計は毎年変わるわけではないことです。
会計ソフトで決算書までを作り、国税庁のHPで税務申告書を作成するという方法もできます。

時々、「Excelで作ってもいいですか?」という質問を受けますが、Excelで複式簿記の要件を満たすのは少々難しいです。
そのコストと手間を考えたら、会計ソフトを導入すべきでしょうね。
Excel好きの私でも、帳簿の入力・作成すべてをExcelでやろうとは思いません(笑)
もちろん、現金出納帳のみ、売上管理のみをExcelで行い、それを会計ソフトに取り込むという方法は、よく使っています。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク

===========================
【編集後記】
今日は「経理アウトプット1級認定講座」です。
テキストの完成が昨日になり、主催者の方にはご迷惑をおかけすることになりましたが、ぎりぎりまで考え抜いたおかげで、現時点で私の考え、持っているスキルをまとめることができました。
朝の雨もやみ、ほっとしています。
私のスーツの裾がぬれたのは残念ですが。
今乾かし中です。
迷わずタクシーに乗ればよかった・・・・・・。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』