・事例を作るときに使える「ランダムな数値を発生させるRANDBETWEEN関数」

ブログの事例として使う数字は、Excelで計算しています。
ランダムに数字を計算する関数を使うことで簡単にできます。
Excel本でも使いました。
スクリーンショット 2011 12 30 9 57 07

乱数を発生させる関数

たとえば、先日の記事で、折れ線グラフの事例を作りたいときに、数字を一から考えていては大変です。
Excelには乱数を発生させる関数がありますので、これを利用しています。

・パフォーマンスを一定ライン以上に保つ6つの工夫

RAND関数で乱数(ランダムな数値)が出てきますが、あまりにランダムだと事例になりません。

そこで、私が使っているのは、RANDBETWEEN関数です。

先日の記事の場合、10から100の間で乱数を発生させればよかったので、

=randbetween(10,100)

と入力しました。

WS000000

この関数を必要なだけコピーすれば、簡単に数値の事例を作ることできるわけです。

WS000002


■スポンサードリンク


RANDBETWEENの特性

RAND、RANDBETWEEN は、Excelシート上で何かをやるたびに更新されます。

こういう数字だったものが、
WS000002

更新(他のセルに数値や文字を入れる、セルを編集する)すると、こうなります。
WS000003

もし、数値を確定させたいときは、数式が入っているセルをコピーして、形式を選択して貼り付け[値のみ]をしておきましょう。

RANDBETWEENの応用

たとえば、100円単位の数字で乱数を発生させたい場合、ROUNDやROUNDDOWN関数を組み合わせます。
WS000001

Excel本の事例では、この使い方をすることが多いです。

次のように、最小値、最大値を別のセルに入れて参照させることもできます。

セミナー、ブログ、問題など、数値例を作るときに使ってみてください。

★経営者向けメルマガ、先行登録受付中です→詳しくはこちらの記事で





【セミナー情報】
1/30 最初の山を乗り越えよう!ピボットテーブル勉強会

【編集後記】

この時期は毎年、自分の確定申告処理をやっています。
わたしは、自分のを最初にやる主義です。

【著書】

『使える経理帳票―これ一冊でOK! Excel2010/2007/2003』

『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

【税理士井ノ上陽一Official Website】

「ひとりしごと」専門税理士

○税務会計相談、セカンドオピニオンについて→こちら

○セミナー・研修のご依頼→こちら

○執筆のご依頼→こちら

【Twitter】

【メルマガ】

■スポンサードリンク

毎日配信! 『税理士進化論』

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』