ネタ作りに役立つ!ブログ執筆計画のすすめ。

ネタを磨くために、1ヶ月分のブログ執筆計画をたてています。
仕事にも役立つ、ネタ作りにおすすめです。
DSC05338
※オフィスにて DSC-RX100M3

Excelでブログ執筆計画

ブログのネタは、思いついた都度、iPhoneのFasterver2でメモしています。

【関連記事】iPhoneで記録→PCで整理・活用・アウトプット。自分だけのEvernoteシステムを作ろう | EX-IT
リンク

普段、ブログは、朝思いついたことが書くことが多いです。

思いつかないときはネタ帳を見ます。
ネタ帳とは、Evernote(iPhoneのFastEverと連携)ストックしているメモです。
EX IT 2

これをさらに整理してみました。

Excelでこのように、その先1ヶ月分くらいのブログ執筆計画をたてるのです。

EX IT

日付ごとに、タイトルまで考えて書き出します。
タイトルを考えるのが大事です。
メモだけだと具体的にイメージできませんし、どういうことを書くかも含めて1ヶ月分考えると、効果があります。

ブログ執筆計画をおすすめする理由

ブログ執筆計画を作ると、
・ネタに困らない
・すらすらブログが書ける
と思っていました。

もちろん、そういう効果もあるにはあるのですが、計画通りに記事を書けるとは限りません。
ぱっと思いついて書きたいことがでてくる可能性があります。
私は計画通りに書くこと、ネタに困らないことを目的にしていません。

ネタを確認し,ネタを磨き、ネタを作るというのが、ブログ執筆計画の目的であり、おすすめする理由です。

計画を立てると、今、自分がどんなネタを持っているかを確認できます。
30個もあれば、結構出し切るはずです。

そのタイトルを見て面白そうかどうか、読まれるかどうかを客観的に見ることができます。
その結果、今後1ヶ月の行動や思考を変えることができるのです。

30個、計画できなかったら、つまり、ネタを書き出せなかったら、
・行動できていない
・思考できていない
からかもしれません。

ネタを一覧で見て面白そうでなければ、ネタ自体かタイトルを工夫する必要があります。

日々、ネタをしぼりだして書いていると気づかないことに、気づくことができるのです。
体系的にネタを書きたいときにもおすすめです。

仕事においてネタ作りは大切

30個ネタを出しておくと、頭の中のネタは、ほぼ枯渇します。
ネタは枯渇してからが勝負です。

計画を立てると、なんとなく「その記事をもう書いた」気になってしまい、焦ります。
それがいいのです。
ネタを枯渇させる状態を擬似的に作っておけば、ネタを作るべく、さらに考え、行動するようになります。

ネタをためることができず、ネタをうむことをやっていかなければいけません。
ネタは、仕事においても大事です。

・どんなこと知っているか
・どんなことを考えているか
・どんなことをやっているか
などがネタとなり、そのネタで貢献できます。

過去にためたネタで勝負するには限界があり、ネタをうむ体質が大事です。
リソースが少ないひとりビジネスなら、なおさらその体質が欠かせません。

その体質改善のためのトレーニングの1つが、書くことです。
ブログを書いていない方も、自分のネタを30個書き出してみましょう。
タイトルをつけて書き出すとなお効果があります。





【編集後記】

先日はじめた、『15分27捨』。
結構な数のモノを捨てられるのはいいのですが、そろそろ、捨てるのがつらくなってきました。
ただ、ここからが勝負!と思い、ふんばっています。
【関連記事】15分で27個捨てる片付け術『15分27捨』。習慣を定着させるためにやるべきこと。 | EX-IT
リンク

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ナシゴレンペーストを使った
三浦半島一周+湘南国際村
GoProHERO Sessionをバイクで使用


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』