「出張」という仕事の利益の考え方

1235

出張=東京以外に宿泊を伴っていく仕事もしています。
この出張という仕事の利益、採算性について考えていることをまとめてみました。

IMG_0238

※セントレジス大阪にて

ネットもあるのに、出張という仕事をしている理由

東京以外に出張して仕事をすることもしています。
別にどこかに支社があるわけでもありませんし、取引先があるわけではありませんが、セミナー(自主開催。要望により実現するものを含む)や個別コンサルティング、講演(依頼を受けての話す仕事)としての出張です。

2017年は19日、2018年は16日、2019年はこれまで8日で、今決まっている出張が、あと3 日あります。

ネットで仕事をすることが増えてきている今、ブログを書いたり動画や音声を販売したり、スカイプ、ZOOMを使ったりもしていますが、メインは、やはり実際にお目にかかって提供する仕事です 。

対面でこそ提供できることもあると考えていますので、出張は今後も続けていきます。

出張での利益の考え方

出張するとなると、移動する時間やお金、宿泊費などがかかります。
2歳の娘と別々になるというデメリットもありますし。
たまに連れて行くこともありますが。

現地での仕事に加えて、交通費や宿泊費なども含めて利益を考えなければいけません。

利益は、売上から経費を引いたもの。
この売上は、現地での仕事だけからのものではありません。
・住んでいるところとは別の環境を体験する
・普段お目にかかれない方とお目にかかれる
・移動中や滞在中に刺激=ネタを得る
そして
・出張して仕事をすること自体がネタになる
というものもプラス要素です。

呼んでいただければ、ありがたいことですし、どこでも行く主義ではいます。
利益をどう出すか、どう考えるかは、こちらの仕事です。

売上に、こういったプラス要素を加えて、そこから経費を引いたものが利益と考えると、仮に出張の売上と経費が同じくらい、または経費の方が多かったとしても、お金以外の要素も含めたトータルとしては利益が出ているとも考えられます。

もちろん金額的に利益が出たほうが好ましいのは事実ですが、私はトータルで利益が出ていればいいかなとも考えているのです。
だからこそ出張という仕事をしています。

メニューごとに出張のルールは決めており、次のとおりです。
・セミナー→セミナー開催要望フォーム
出張の場合は、受講料合計が54,000円以上(54,000円のセミナーを1つ、27,000円のセミナーを2つ、または27,000円のセミナーを2人以上受講希望)。
上記の要件を満たせば最少催行人数はなし。
交通費、宿泊費、会場費は、こちらが負担。
告知についてもこちらで担当。

・個別コンサルティング→個別コンサルティング
自宅から1時間以上2時間未満、2時間以上の場合に応じて通常の料金に交通費実費等。
税理士業も同様。
なお、セミナーや旅行に行くときに個別コンサルティング枠として募集をかけることがあり、そのときはプラス料金がかかりません。
10月に名古屋セミナーの際も募集をかけ、お申し込みいただきました。
トライアスロンで旅行に行くときもチャンスです。
実家の宮崎、にもよく帰っており、次回は9月4日から6日まで滞在しています。

・講演→講演の依頼

講演料に、個別コンサルティングと同様の基準で交通費実費等

 

出張で利益を出すためには

出張で利益を出すために、売上、経費それぞれで考えておきたいことをまとめてみました。

出張の売上

出張以外の仕事と同様に、メニュー=値段と内容を提示しておいたほうが、依頼はされやすくなります。
(加えて、一定のご依頼がなくなります。)

依頼するときにいくらぐらいかわからないと、依頼しにくいですし、依頼した後に値段を聞いて高いと思っても断りにくいものです。
断りにくいなぁと思うと依頼もしにくくなるので、どっちに転ぶにせよメニューは明かしておいたほうがいいでしょう。
予算(許容範囲)に合わないことが事前に分かったほうがお互いのためにもなります。

このとき、開催・実施場所によって値段を変えるかどうか。
場所により相場があるものですが、そもそも相場なんて気にしてはいけませんし、提供する価値を考えると、値段が変わるのはちょっと違うかと思い、変えていません。

また遠方からのご依頼いただくように、何ができるのか・どういったことを知っているのかということは常に明かしておくのは必須です。
出張で仕事をするのであれば、通常もその仕事をやっておかなければ、到底できません。
通常、出張で依頼していただきたい仕事をやっておくことも欠かせないことです。

そして、最も大事なのは、「出張できます」ということをちゃんと明かすということ。
それが書いてないと、出張の仕事をするのかどうか、その場所(私の場合は東京)でしか仕事をしないのかというのがわかりません。
私の場合、愛する娘がいるので(&ブログで明かしているので)、出張や泊まりがけはダメだろうと思われがちなので、出張しますよ!出張してますよということを積極的に明かしています。
ただし、少なくとも私は会えなくて寂しくなるので、出張は2日間までにしますが。

また、出張先で複数のセミナーをやったり個別コンサルティング枠を準備したりすることで可能であれば売上を増やすようにはしています。

出張の経費

出張にかかる経費を少なくしたほうが利益は出ます。
だからといって不便な場所にある宿、居心地の悪いホテル、時間のかかる交通手段を使っていては意味がありません。
利益は、時間も含めて考えるものです。

航空便であれば安くなるよう早めに取れる日程で調整してさせていただき、新幹線でも早めにとれば安く取ることができますし、時間帯を変えれば安くなります。
名古屋や大阪に行くときの新幹線は EX アプリでとり、東京から行くときは6時台・帰ってくるときは19時や20時台が安くなりますので、そこでとっています。
どこでも仕事ができるので、空いた時間は現地でも仕事できますし。

また新幹線の場合はグリーン車だと静かな可能性が高いので、グリーン車にしています。
新幹線の中でも落ち着いて仕事をしたいからです。
(特に夜はお酒を飲んでいる方がいてリスクが高まるので)
EXアプリでとればグリーン車も安くとれます。
もちろん遮音性の高いイヤホンは欠かせません。

ホテルもどうせ泊まるのであれば、プラスアルファ出してネタになるようなところを選んでいます。
冒頭の写真のセントレジスホテルも泊まってみたいところでした。
ただめちゃくちゃ高いところはありますので、注意ですが。
土曜日宿泊だと高くなるので、土曜日以外に宿泊するように日程を組んだり、早めに予約したりもしています。
予約するのは一休ドットコムです。
会員割引やタイムセールなどもありますので。

現地でランするために便利なところを選んだり、プール付きのところであればスイムもできるのでプール付きのところを率先して選んだりもしています。
夜は、だいたい懇親会をして楽しむのでホテルに戻るのは遅くなりますが。

これまで出張で泊まってよかったホテルは、
・名古屋 プリンスホテル スカイタワー
・名古屋 JRゲートタワーホテル
・沖縄 ラグナガーデンホテル
・京都 リッツカールトン
・大阪 インターコンチネンタル大阪
・大阪 リッツカールトン
・大阪 セントレジス大阪
・福岡 ウィズ ザ スタイル
といったところです。
(売上の度合いによってホテルを変えることも)

なお、エアビーは、昔ほど安くないですし、セキュリティ面での不安が無きにしもあらずなので最近は利用していません。

そして旅費や 宿泊費を下げる効果にもなるのかが、プライベートも兼ねることです。
その場合プライベート分は当然経費にしませんが、旅行やトライアスロンに行った先でセミナーを入れれば実質的な旅費や宿泊費は下がり、出張自体の利益を出せます。
冒頭のセントレジスに行ったときも、大阪での出張の後、家族と合流してUSJ に行ってから帰りました。
このホテルには私しか泊まっていませんが……。翌日は USJ 近くに移動したので。

出張の仕事をしたい・増やしたい方は、参考にしてみていただければ。
私の場合は、東京から東京以外へ行き仕事をするという形ですが、逆に東京以外の方が東京で仕事をするというのもおもしろいかと思います。
自分の住んでいる場所以外のところへ行くのは、刺激も多いので、それを仕事を兼ねてできるのが出張です。

 



■編集後記

今年のスマホをどうするか。
iPhoneに戻る可能性もありますが、Pixel 3の後継、Pixel 4にするのが濃厚です。
日本で発売されない可能性もありますが……。

「1日1新」

渋谷 まいせん

 

■娘(2歳)日記

最近は、アイス(ちゅーちゅー)を2つに割って、パパと半分こにしてくれます。
むしろ、パパに半分あげれば食べていいと思っているような……。

Spread the love