「深さ」は武器になる

ひとりで仕事をしていく上で、「深さ」を武器にしています。
IMG_6281

※自宅にて iPhone X

ひとりだと「広さ」には限界がある

ひとりだと、物理的な限界があります。
「広さ」では勝負できません。

・幅広い仕事
・幅広い知識
・幅広いお客様

などは、組織の武器です。
ひとりだと、広くしてもしれていますし、自分も苦しくなります。

だからこそ広げないようにし、広がりそうになるととめているほどです。
広げられない以上、「深さ」を武器にしています。

「深さ」なら武器になる

「深さ」とは、詳しいことを意味します。
めちゃくちゃ詳しいというのは武器になるものです。

さらには、それが

・誰よりも詳しく
・他の誰もやっていない(やっている人が少ない)
ということが欠かせません。

詳しいといっても、ニーズのない専門知識に詳しいだけだと、武器にならない可能性があります。
勉強と仕事=価値を届けることは違うわけです。


■スポンサードリンク

詳しい=難しいことを知っている、レベルの高いことを知っているというわけではありません。

イメージとしては、こう掘り進んで深くなるというよりも、

2018-07-17_09h29_55

レベル1を掘り進んで深くしている感じです。
レベルは限りませんが、せいぜいレベル3までしかやりません。
そうしないと深くできないからです。

2018-07-17_09h30_44

組織だと、「深さ」は無理ですし、深くしようとすると怒られます。
組織にできない「深さ」をひとりでとことん追求してみましょう。

「深さ」を武器にするためには

「深さ」を武器にするためには次のようなことがおすすめです。

「深い」ことに気づく

まず気づくこと。
というのは、すでに「深い」ことがあるはずなんです。
・ずっとやってきた
・これをやっていると時間を忘れる
・好きで続けている
といったことがあれば、「深い」可能性があります。

自分のことはわかりませんので、他人から聞かれたり、驚かれたりする、その反応をつぶさに観察しましょう。

「え、そんなん誰でもやってるんじゃ」「みんな知っているだろうし」というようなことに、宝はうもれているものです。

「深い」ことを出す

「深い」に気づくためにも、そして、それをアピールするためにも「深さ」を出していかなければいけません。
それが、プロフィールであったり、ブログだったりします。

出さないと、深くないのと同じです。

同じくらい深い人が、先に出してしまい、「えー、自分のほうが詳しいのに・・」とくやしがっても後の祭り。
出したもん勝ちなのです。

これくらい好きで、これくらい知ってて、これくらい提供できるといったことを出していきましょう。
それが仕事に直接つながらなくても問題ありません。
つながるかどうかを自分で判断すると失敗します。

私の深さで言うと、ITや効率化は、仕事につながるとは思っていませんでした。
今つながっているのは、出してきたからです。

「深さといってもいろいろやってるのでは?」と思われるかもしれませんが、私の場合、ブログ、本、メルマガ、セミナー、コンサルティング、動画、音声と出し方を変えているだけで、ねっこは広くありません。

「深さ」に投資する

自分の「深さ」に対してさらなる投資をし続けることも大事です。
掘って掘って掘りまくりましょう。
時間、お金を投資し、その「深さ」をさらに磨いておけば、違いも広がります。

これがいわゆる勉強です。

そもそも、一時的な違いでずっと食べていけるほど甘くはないでしょう。

その時間とお金を投資するために、捨てるべきものは多いです。
深くできないもの、深くしても意味がないものは、捨て去りましょう。

というわけで、公式キャラクターブックで勉強中です。
高知にも行かねば。
「深く」学んでいきましょう。
IMG_6281

IMG_6282

IMG_6284


【編集後記】

Amazonプライムデーで、昨日ちょこちょこ買い物しました。
ブログネタ用もあり、欲しかったものもあり。
欲しかったものは、冷静に他と比較すると、セール以外のほうがいいというものも。
一世代前のものがちょっと安くなっているだけのものも多いです。

そんな中、ぽちったのがコレ。
高い、高いよ・・という感じですが、ダライアスファンとしてはしかたありません。
なんとプライムデー限定の特典もついています。
昔、初代ダライアス(3画面のシューティング)では、ゲーセンでギャラリーをわかせていました。
水族館にいくたびにダライアスを思い出します。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

娘と2人でアソボーノ→品川アクアパーク
いろはすアロエ

【昨日の娘日記】
娘と2人でどこに行くか考えた末、水道橋のアソボーノへ。
ただ、炎天下の長蛇の列で断念し、品川へ移動して、アクアパークへ。
クラゲ、ペンギン、マンタに喜び、マンタには「おっきいねー」と。
カピパラも「ワンワン」と大興奮でした。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』