独立・起業時は力が入っていてもしょうがない。その後いかにして抜くかが大事。

昨日、近くまでいったので、独立時に借りていたオフィス(マンション)に行ってきました。
このころは、ガチガチに力が入っていました。
それはしかたがないことなのですが、その後にどう力を抜くかが大事です。
IMG 5322
※ 独立時のマンション iPhone 6s

独立・起業時に力が入りすぎていたこと

独立・起業した当時、ガチガチに力が入っていました。

・オフィスを借りなければいけない(秋葉原近くにオフィスを借りていた)
・人を雇わなければいけない(人を増やしていくつもりだった)
・どんどん仕事をとらなければいけない
・売上をガンガン上げなければいけない
・いいオフィスに引っ越したい(秋葉原のUDXに入りたかった)
・「これくらいは・・・」と見栄を張ってお金を使う
・どこにでも顔を出す
・誰とでも気軽に会う
・無料でどんどん相談に乗る
・スーツで通う(仕事なくてもスーツで通っていた)
・9:00から17:00まで(又はそれ以上)きっちりとオフィスで仕事をする
・電話に必ず出る
・名刺交換を必ずやる
・土日も関係なく働く
・業務案内を作っていた
・ありきたりなサイトを作っていた
・ブログもガチガチだった
・「買ってください」という気持ちが強すぎた

どのくらいのことを、「力が入っている」と思うかは人それぞれですが、今から考えると、力が入りすぎでした。
(今も、他の方から見ると力が入っているのかもしれません)

力が入るのはしょうがない

独立・起業は、人生ではじめてのことなので、力が入ってもしかたありません。
どうやればいいかわからないからです。

独立までにモノやサービスを売ったことがない人(私もそうでした)は、余計に力が入ります。

「食べていかなきゃ」
「売上を上げなきゃ」
「体裁を整えなきゃ」
と思うがあまり、かえって成果につながらないこともあるでしょう。

運動でも、力が入っているとうまくいきません。
どれだけ力を抜くかがポイントです。
人生も、力が入りすぎていてはうまくいかず、成果を出している人こそ、力を抜くポイントがあります。

最初は、力が入っていてもしかたありませんが、その力を徐々に抜いていくことが大事です。
力がずっと入ったままだと、
・仕事はあるけど、お金はそれほど増えない
・時間がいくらあっても足りない
・精神的にも疲弊する
といった状況になります。

徐々に力を抜くために大事なこと

力を徐々に抜いていくために大事なことは次の3つです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


・継続的なサービスに注意

力が入っていて、力を抜こうと思っても、抜けきれない場合があります。
継続的なサービスを3年、5年と契約していると、そこから抜けきれません。

私も場合、リースでサーバーを5年契約してしまいました。
人を増やさない、規模を大きくしないと決めた一方で、そのサーバーが足かせになったのです。
ただ、そのサーバーのせいで人生を曲げたくなかったので、1年半で使うのをやめお金だけを払い続けました。

HPのコンサルも、幸いサービスが悪かったおかげで、契約解除を申し出ることができましたが、そうでなかったら、払い続けていたでしょう。

継続的にお金を払うサービスは要注意です。

・断る力、選ぶ力を身につける

最初は、仕事がなく時間があるので、なんでもかんでも受けていられます。
ただ、ある程度仕事が増えてきた状態でなんでもかんでも受けていると、時間を奪われ、疲弊してしまいがちです。

断る力、選ぶ力を身につけるようにしましょう。

私も、最初は、なんでも参加、なんでもやっていましたが、軸が固まってからは、それらを断る必要がありました。
独立当初の自分には合っていた仕事もそうではなくなります。
もちろん、その仕事に感謝はしつつ、自分と合わなくなってきたものはお互いのためにもやめるべきです。
(先方からみて合わなくなるケースも多いです)

自分や世の中の状況に合わせて、仕事のやり方をシフトしていかなければいけません。
それをやらなければ、ずっとガチガチのままでしょう。

「断る力」は、断らないと身につきませんし、「選ぶ力」も選ばないと身につきません。

・外の世界を見る

自分の周りだけ、自分の業界だけ見ていては、力が入ったままになってしまいます。
外の世界を見て刺激を受けましょう。

■スポンサードリンク

ネット、本、セミナーなど、外の世界を見る機会はやまほどあります。

自分の周りだけを見ていると、みんな力が入っているので、判断を誤りがちです。
特にカタい業界ならなおさらでしょう。

独立・起業後、フリーになった後は、他との違いをいかに作るかが勝負です。

力をガチガチに入れ続けて、その違いを作るのは難しく、

「いかに力を抜いて考え、行動できるか」

がポイントとなります。

力が入りすぎていないか、力を抜くべきところはどこかを考えてみましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、午後から、個別コンサルティング。
ブログについてでした。
光る記事を多く書いている方ですし、今後も更新を楽しみにしております!

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

生粋
金谷ベーカリー




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』