副業・週末起業をやるなら年間利益20万円を目指そう

週末起業、副業をしたとき、「利益が20万円なければ確定申告しなくていい」というルールがあります。
しかし、むしろ利益20万円を目指した方が、うまくいくのではないでしょうか。
DSC00301

利益20万円未満なら確定申告しなくていい

会社員でも給料(賞与、退職金など含む)以外の収入がある場合は、確定申告をしなければいけません。
給料等は、源泉徴収で強制的に税金を差し引かれ、さらに年末調整で、税金が計算されるからです。
その他の収入は、確定申告しないと、税務署は把握できません。

次のような要件があれば、確定申告はしなくてもよくなります。

・給料等(1カ所)以外の収入から経費を引いたもの、つまり利益が年間20万円未満。
・給料等が年末調整されている
・その年に確定申告をしない(医療費、住宅ローン、不動産所得など)

副業、週末起業では、フリーランスに勝てない

「確定申告をしなくてもいい」ということは、税金がそれほど発生しないからです。
たとえば、利益が10万円の場合、所得税は、最も少なくて5,000円(その他の収入合計により変わります)。

手間を考え、確定申告をしなくてもいいと判断されています。

ただ、年間利益20万円と考えると、事業の規模としてはかなり小さい部類です。
経費がゼロと考え、売上20万円としても、月2万円に満たないくらいでしかありません。
会社からの給料があるからこそ、問題ありませんが、事業としてこれだけの収入だととても食べていけるものではないでしょう。

副業、週末起業の位置づけにもよりますが、お金をいただき、「業」として他者に貢献することを考えると、収入としても真剣さにおいても物足りません。

たとえば、平日夜だけ、土日だけ活動するだけでは、フルタイムで100%の力をそそいでいるフリーランスには到底かなわないでしょう。
もちろん、スーパー会社員として、副業、週末起業で成果を出している方もたくさんいますが、そうでないのならば、よりいっそう努力が必要ではないでしょうか。

「年間利益20万円以上なら確定申告しなくていい、税金を払わなくてもいい」
ではなく、
「年間利益20万円以上を出し、確定申告をする」
くらいの意気込みを持つべきです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


副業、週末起業で年間利益20万円以上を達成するには

副業、週末起業で年間利益20万円以上を達成するには?と考えると、フリーランスの考え方にもつながります。
次のようなことを意識してみましょう。

本業とからませる

本業、会社の仕事とからませるとより効果がでやすくなります。
それだけ時間をそそいでいることだからです。
直接的な収入につながるのは、平日夜や土日だとしても、日中もそれに関することをやっているのであれば、ハンデはありません。
スーパー会社員で成果を出している方は、本業につながっている副業や週末起業の方が多いように思います。

本業とまったく違うことを副業・週末起業としてやりたいのであれば、本業のあり方・今の居場所を再考する余地があるのではないでしょうか。
本業とからませることによって、その業に説得力や強みが生まれるはずです。

業を分散する

書く、話す、ネット、リアルなど分散することも効果的です。
ネットを使えば、ちょっとした合間に対応もできます。

会社にばれるばれないを考えると、ネットメディアの使い方には慎重になるべきですが、可能な限り情報開示はした方がいいでしょう。
Facebook以降、実名でのメディアの重要性が変わってきています。
(副業禁止規定は念のため確認しておきましょう)

ネットメディア、つまりブログやHPなどは必須です。
書く力、話す力は本業へのフィードバックもあるので、徹底的に磨き上げても損はありません。

数字を意識する

年間利益20万円以上をおすすめするのは、数字を意識することになるからです。
たとえば、次のようなことが考えられます。
・今年はあと5ヶ月ちょっと。20万円を達成するにはどのくらいの事業をやればいいか
・セミナーの売上が5万円なら、会議室代はこれくらいにおさえないといけない
・売上10万円を上げるには、1万円×10でいくか、2万5,000円×4で行くか
・月に1回、コンサルを受注すると、どのくらいの売上になるか
・経費をかけずに知ってもらうには何をすればいいか
・何を経費に入れるか

会社からの給料があるが故に、数字に対しての意識が薄れてしまう傾向にあります。
(そうでない方もたくさんいらっしゃいますが)

競合するフリーランスは、「業」で食べているわけです。
真剣度も、数字に対する意識もまったく違います。

副業、週末起業でも、その意識がなければ、勝てません。
最初のうちだから・・・副業だから・・・といって、セミナーごっこやコンサルごっこをやるならば、最初からやらない方がいいかと思います。

■スポンサードリンク

副業・週末起業は、非常に可能性があるものですし、これからの時代もっともっと増えて欲しいものです。

会社員とフリーランスの垣根はしだいになくなってきつつあり、1日8時間(又はそれ以上)×5を会社に拘束される働き方は時代にそぐわなくなっています。
だからこそ、副業・週末起業も増えればなぁと思っているのです。
確定申告をしなくていいようにこれくらいで・・というのはもったいないことではないでしょうか。

フリーランスとは違い、給料という固定収入があるからこそ、攻めができるはずです。

副業・週末起業の税金については、別の視点で、こちらの記事にも書いています。
【関連記事】副業は事業?青色? 「会社員の副業の税金」完全ガイド – EX-ITEX-IT
リンク





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日、親友羅王の5歳の娘さんに、「お顔、きれいにしてもらった?」と心配されました。。
また日に焼けてしまっているので、そのせいです・・。
これ以上焼けないようにし、今度会うとは多少白くしてからいこうと思っています。

昨日もしりとりや囲碁をして遊んでくれました。
さすが、半年で囲碁初段をとった羅王の娘さんです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

東洋軒 ブラックカレー
新橋でとある手続
BOSE Soundlink Mini
ヨドバシ.comで本発注




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###