ヒトの「速い」は限界がある。RPA(UiPath)は47秒、ヒトは1分39秒。

仕事の効率化を考えるときには1分1秒を大事にしたいものです。
人間よりも IT 、RPA、AIが速いのであれば、うまく使いましょう。

Screenshot_11

人のスピードをあきらめる

「仕事が速い」という言葉があるとおり、人によって仕事のスピードの差はあります。
(「仕事が早い」もありますが)
パソコンを使った仕事でいえば
・タイピングが速い
・ショートカットキーですばやく操作できる
・マウスの操作が速い
といったところで、スピードの差はつくでしょう。

しかしながら、いくら速いといっても限界はあります。
パソコンを操作してデータを入力するときに、そのデータを確認しながら打っていれば時間はかかりますし、間違えて入力してそれを修正する可能性もあるでしょう。

そのときの体調や気持ちによって、仕事のスピードに影響があります。
イライラやくよくよしていたらスピードがすぐに落ちるものです。
環境によってもスピードが変わりますし、ヒトというものは脆いものだなあとつくづく思うことがあります。
特に、私は環境に影響されるので仕事の環境はとことんこだわっています。
(組織に入れなかったのもそれが理由の1つです)

ヒトのスピードは、それだけブレがあり、限界があるからこそ、物理的にスピードを上げることは早々にあきらめたほうがいいのではないでしょうか。
もちろん、スピードを上げる努力は必要ではあるのですが、他に代替手段があり、それを使ったほうがヒトよりも速いのであれば、潔く任せたほうが、仕事は速く確実にこなせます。

ヒトだと1分39秒16

たとえば、e-Taxというネットサービスにデータを入力する仕事に、ヒト(東京在住46歳男性・娘2歳3ヶ月・会社役員)だと1分39秒16かかりました。
まあ、それなりに仕事のスピードにはあると思ってはいますが(自分なりに)、動画を撮っていると思うと、それでキー操作がたどたどしくなったりする、か弱い存在です。

その仕事はこういったものでした。

ブラウザを立ち上げ、e-Tax のサイトにアクセス
Screenshot_2
ID とパスワードを入力してログイン
Screenshot_3

メニューを選んで
Screenshot_4

Screenshot_5

Screenshot_6

Screenshot_7

データを入力し

Screenshot_8

Screenshot_9
確認して送信するというものです。

Screenshot_101件だと1分39秒16ですが、これが2件、3件、10件とあると、それだけ時間がかかります。

RPA だと47秒15

同じ処理を RPA(UiPath)でやってみました。
この UiPath のプログラムについてはこちらの記事を参考にしていただければ。
RPA ×税理士。「源泉所得税のe-Tax送信→お客様へメール送信」を自動化。 | EX-IT

Excelにこういったデータを準備しておき、それを読み取ってブラウザに入力するというプログラムです。

Screenshot_15

ヒトとRPAを比較してみると、その差は徐々に開いていき、こういった入力する画面になると、圧倒的にRPAが速いです。Screenshot_14
ヒトがやったときは、デュアルディスプレイで ID とパスワードが記録されたExcelを開き、それを見ながら入力しました。
暗記していれば速く入力できるでしょうが、何かを見ながら確認しながらだと、時間はもっとかかります。
そして、ID、パスワードを忘れる、間違える、探しても見つからないなんてよくあることです。

こういったデータの入力画面だと、ヒトはRPAにもはや勝てません。
Screenshot_13
RPA は47秒15秒で完了(仕事を終えて乾杯している状態です)。
ヒトは、まだまだ入力しています。

Screenshot_12

ヒトが終わったのは、1分39秒16。
これだけの差がつきました。

Screenshot_11

動画をつくってみました。

もちろん事前にExcelデータを準備する時間というのは必要ではありますが、実際の処理時間にはこれだけの差が確実にあるわけです。

そして、このRPAが仕事をしている47秒に、ヒトは別のことができます。

前述したとおり人間のスピードにはブレがありますが、RPA には俺はありません。
何百回、たとえ何万回やったとしても、47秒でこなしてくれます。

人は精度にブレがありますし、何百回どころか何回かやるうちにミスをすることもあるでしょう。

そして、ヒトは歳を重ねるごとに、スピードや精度が落ちていく可能性もあります。

ミスなくスピードを上げる方法の1つとして 、RPA や IT、 AI があるわけです。

人間のスピードをどこであきらめるか。
人間は何をやるべきか。
真剣に考えなければいけない時代は、すでに来ています。

大手が大量に速く仕事をし、しかもそれを安く提供をしている今、今、自分は何をすべきかというのは考えたいものです。

その一環として、自分のスピードをあきらめるべきところはあきらめ、RPA、IT、AIを積極的に導入してみましょう。

私は、データ入力のスピード勝負からは、早々に引退しています。
勝てませんし。



■編集後記

Kindleでセールをやっていると、ついつい買ってしまいます。
目に見えないだけで、Kindleの積読=無駄なお金も気をつけないと……。

「1日1新」

ダイソンPure Cool Me

 

■娘(2歳)日記

かわいい服を着るのがまずます好きになっています
好みも出てきて、嫌だということもありますが。
先日は、急に「アンパンマンの服 着る!」とか。
昔の写真を見て、「これ着たいとも」

Spread the love