遅いけど使い放題のワイヤレスゲートと速いけど1日70MBのOCNの比較&iPhone 6 Plusで使うSIM切り替えの注意点

iPhone 6 Plus SIMフリーで、2つのSIMを比較しながら使っていました。
その結果をまとめてみます。
DSC01814

ワイヤレスゲートSIMとOCNのSIM

私が試している2つのSIMは、ワイヤレスゲートとOCNです。

■ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)
250kbps(0.25Mbps)・使い放題・月630円・チャージ(200MBを540円で買って速い速度で使える)・Wi-Fiスポットが使える

■OCN
150Mbps・1日70MB・使い切ったら200kbps(0.20Mbps)・月1,101円・チャージ(540円払えば、その日は150Mbpsで使い放題)

といった違いがあります。
いずれも音声通話(電話)はできません。

ざっくりまとめると、遅いけど、使い放題で安いワイヤレスゲート、速いけど制限があるOCNという特徴です。

SIM入れ替え時の注意点

2つのSIMを入れてかえて使うときには注意点があります。
結構めんどくさいのです。

1 設定(プロファイル)を変えなければいけない

iPhone 6 Plusで、格安SIMを使うときは、その設定をする必要があります。
プロファイルと呼ばれるものです。

たとえば、OCNの場合、

OCN提供のモバイルサービスの各種設定やトラブル対処方法をご案内します。
をクリックすると出てくる画面で、プロファイルをインストールできます。


■スポンサードリンク


IMG 0402

この状態ならOCNのSIMを使うことはできますが、ワイヤレスゲートのSIMを入れても、通信できません。
いったん、OCNのプロファイルを削除する必要があります。

プロファイルを複数もつことはできないのです。
OCNのSIMのプロファイルがある状態で、ワイヤレスゲートのSIMのプロファイルをインストールしようとすると、こういうエラーが出ます。
IMG 0407

この場合は、OCNのプロファイルを削除しなければいけません。
[設定]→[一般]→[プロファイル]で、プロファイルを削除しましょう。

削除後、ワイヤレスゲートのプロファイルをインストールすれば、通信できるようになります。

2 Wi-Fiが必要

上記1のプロファイルのインストールには、Wi-Fi又は通信回線が必要です。
通信をして、プロファイルをダウンロードしなければいけません。

今私がいる渋谷のRAKUTEN CAFEは、Wi-Fiがあるので、SIMの入れ替えができましたが、そうでない場合には入れ替えができないということになります。
Wi-Fi環境がある自宅や会社でやれば問題ないでしょう。

3 ピンが必要

SIMを入れ替えるには、この小さなピンが必要です。
その手間もかかりますし、小さいのでなくさないか心配でもあります。
IMG 0409

4 電話番号が変わる

電話番号の情報はSIMに入っていますので、SIMを入れ替えると電話番号が変わります。
私の場合は、音声通信(電話)なしのSIMなのですが、データ通信専用SIMにも電話番号が割り振られています。

これで困るのは、SMS(ショートメッセージ)です。
その番号は変わってしまいます。
ショートメッセージはほとんど使いませんが、GoogleやDropboxの二段階認証の際に困る可能性があるでしょう。

使い放題で遅いSIMか?1日70MBで速いSIMか?

上記のような問題点もあるので、2つのSIMを使い分けるというのは、現実的でないといえます。
今の試験期間が終わったら、原則1つのSIMを使い続ける予定です。

■ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)
250kbps(0.25Mbps)・使い放題・月630円・チャージ(200MBを540円で買って速い速度で使える)・Wi-Fiスポットが使える

■OCN
150Mbps・1日70MB・使い切ったら200kbps(0.20Mbps)・月1,101円・チャージ(540円払えば、その日は150Mbpsで使い放題)

この2つを比べたとき、甲乙つけがたいのですが、私の中ではワイヤレスゲートが1歩リードしています。

OCNの1日70MBは、通常使っている分には問題ありません。
ただ、テザリングをしてPCを使うと一瞬で容量を使い切ってしまいます。
ブログをアップする、Dropboxを同期する、メールの添付ファイルをダウンロードするといった場合はいちころです。
(私のブログは、写真や図が多いので余計にアウトです)
70MBをこえたからといって即座に遅くなるわけでもありませんが、制限された200kbpsは、サイトを見る、ダウンロードするといったときにかなり遅く感じます。
iPhoneでFacebook、メール、Twitterなどを見る分には問題ありません。
チャージ(お金を払って一時的に使用容量やスピードをアップさせる)の使い勝手もそれほどよくないです。
540円払えば、その日の23:59までは制限なしで使えますが、これを払うくらいなら最初から容量が多いプランを選んでおくべきでしょう。

ワイヤレスゲートの遅いけど使い放題の方が、気分的には楽です。
チャージも、540円払って、200MBを買い、その都度アプリで[高速通信モード]をONにすれば、切り替えられます。
容量は、半年ほど有効ですので、うまく使えばコストを下げられるでしょう。

250kbpsがどのくらいのスピードか、動画をとってみました。
Amazon、Apple、当ブログEX-ITの順に表示させています。
(キャッシュを削除しています。ブラウザはGoogleChrome)
まあ、速いとはいえませんが、耐えられないくらいでもありません。

SIMについては、先日こちらの記事にもまとめました。
iPhone 6、iPhone 6 Plusで使える格安SIMを徹底解説&比較!ドコモ・au・ソフトバンクよりも複雑だった件 | EX-IT





【編集後記】
昨日の夜に、田んぼを手伝ってくれた友人を招いて、収穫祭を開催。
軽く飲んで食べた後、収穫したお米を炊いて、みんなで食べました。
5人だったので、釜のBambooと鍋のストウブをフル活用です。
みんなで作ったお米、おいしいと好評でした(^^)

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

椿屋コーヒー店 日比谷
Uさん皇居ランデビュー
お米の収穫祭開催
新規プロジェクト受注

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』