iPhone XとiPhone XS(Max)のカメラ比較。ポートレート(ぼけ)調整・夜景&暗いところに強い・広角というメリット。

スマホの使い道の1つはカメラ。
カメラ性能にも期待しています。
今回、iPhone XSを買い、そのカメラの性能を比較してみました。

スマホのカメラが便利な理由

カメラは好きなこと、興味があることでもありますし、いろいろ試してみました。
今は、
・デジタル一眼ミラーレスのSony α7
・83倍まで望遠できるNikonのP900
・広角で撮れるCasioのEX-ZR4100
・コンデジ(コンパクトデジカメ)のSony RX100M3
・360度撮れるInsta360Nano
・防水、広角、小さいGopro Hero5
などを持っています。

ただ、持ち運びしやすい、薄い、さっと撮れるという点を考えると、やはりスマホが便利です。
スマホは持ち歩くとして、さらにもう1つというのはそれなりに敷居が高く、スマホのカメラを使うことが多くなっています。

だからこそ、メインのスマホには、カメラ性能も期待しているわけです。
(現スマホでカメラが最強といわれているHuaweiのP20ProがSIMフリーだったら買っていたんですけどね。ドコモ独占なのであきらめました。キャリアに戻ることも考えましたが今さら戻れません‥‥)

今回の新iPhone、iPhone XSでもそのカメラには期待していました。
(iPhone XS Maxも同様のカメラです)

iPhone X、iPhone XSの違い

iPhone X、iPhone XSの主な違いは、
・iPhone XSのチップ(A12)は、速く、かしこい
というもの。

カメラの性能は同じなのですが、そのチップのおかげで、カメラ性能が上がっているとの話でした。

Appleによると、
・ポートレートモードが進化
・スマートHDR
という表現になっています。

ポートレートモードとは、背景をぼかすことができる機能、スマートHDR(ハイダイナミックレンジ)は、より広い明るさの幅で写真を撮れる機能です。


■スポンサードリンク

こういった機能は、カメラというよりもスマホの処理能力も必要なので、チップが速く、賢くなった影響があります。

Neural Engineといわれる機能は、9倍になったとのこと。

iPhone XとiPhone XSを撮り比べてみました。・

iPhone XとiPhone XSのカメラ比較

撮影後にポートレートを調整

ポートレートモードではなく、通常モードで撮るとこんな感じです。

IMG_0050

iPhone Xのポートレートモード。
カメラが、パンダをメインとみなして、そのほかを背景として処理して、ぼかしています。

IMG_7626x

iPhone XSだとこんな感じ。
違いは感じません。

IMG_0049

ただ、iPhone XSは、その後、ぼけ具合を調整できます。

IMG_0053

ぼけの量を最大限少なくした場合、背景もくっきり写ります。

IMG_0054

ぼけを最小限にした場合、ほとんど見えなくなります。
Photoshopなら、こういったこともできますが、スマホの標準機能でできるのは興味深いです。
他のスマホではすでにあった機能ではあるのですが。

IMG_0055

夜景、暗いところに強いHDR

HDRがあると、夜や暗いところでもきれいに撮れます。
特に得意なのは、明るいところと暗いところの差があるところです。

お台場ユニコーンガンダムを撮りに行ってきました。
iPhone Xだとこんな感じ。
これはこれで、光っている雰囲気があります。

IMG_7609x

iPhone XSの写真。白い部分がきれいにになりますし、背景のネオンの光も抑えられています。

IMG_0026

ちょっとひいた写真。

IMG_7610

やはりiPhone XSのほうがきれいで、実物に近いです。

IMG_0028

お台場の観覧車。

IMG_7613

遠めだと効果は薄れますが、観覧車やその下の建物がきれいに写っています。IMG_0033

アクアシティからのレインボーブリッジ。
IMG_7622

遠くにあるレインボーブリッジは、それほど変わりませんが、左手前のツリーは明らかに効果があります。

IMG_0042

アクアシティのカフェ。

IMG_7623

周りが暗く、店内が明るいという差があるところは、やはり得意できれいに撮れます。

IMG_0044

昼間はどうか。娘と行った上野動物園で撮り比べてみました。

IMG_7645

まあ、違いはありません。IMG_0078

プレーリードッグのところは、光が多めに当たっていました。

IMG_7652

こういうところは、光を抑えきれいに撮ってくれます。

IMG_0083

室内にて。娘が好きな「カメさん(娘の呼び方)」

IMG_7668

光がやはりおさえられてくっきり写ります。

IMG_0103

お台場に戻って、昼間のユニコーンガンダム(ユニコーンモード)。

IMG_7673

白が落ち着いた色になっていますが、ほぼ一緒です。

IMG_0112

今日の昼につくった焼き豚。
IMG_7675

少し明るく写る感じです。これくらいなら、調整すればなんとかなりそうな感じはあります。

IMG_0113

特定の、夜や室内の暗いところだと効果があります。
ただ、そうでないところではそれほど差がありません。

広角

地味にうれしいのは、ちょっと広角(広い範囲を撮れる)ようになったこと。

左側はホラーマン(がいこつ)までしか入っていませんが、

IMG_7627x

iPhone XSだと、メロンパンナちゃんまではいっています。

IMG_0056

左の観覧車に合わせて撮った写真です。

IMG_7672

iPhone XSだと、広い範囲で撮れています。

IMG_0111

ポートレートモードの調整、夜景・暗いところに強い、ちょっと広角といったところに魅力を感じるならiPhone XS(Max)を買う価値はあるでしょう。

チップの違いで、処理が速いかというと、それほど感じません。
重いアプリを使うと違うのかもしれませんが。
そもそもOSをiOS12(2018年9月18日から更新可能)にしたら、iPhone Xが速くなったので、処理速度に関しては、iOSの影響が大きい可能性もあります。

私は、「発売日に買い替える」と決めていますし、カメラの性能アップには満足していますが、iPhone XからiPhone XS(Max)への買い替えを考えている方の参考になれば。

Maxを含めた比較はこちらの記事に書いています。

iPhone XS・iPhone XS Max比較。片手で使う場合のスマホの大きさの選び方。 | EX-IT


■編集後記

旧AppleWatch(Apple Watch Series 4を買ったので、今までの3を妻へ。妻が使っていた2を売却)を売る準備をしつつ、「はっ」と。
そういえば、予備のバンドを捨ててしまったような・・・。
探してみましたがやはりなく。
旧Apple Watch Series 2は、19,000円で売れそうなのですが、バンドは、5,800円。
19,000円ー5,800円で売るか・・・と思いつつ、メルカリで調べると440円で売っていたので助かりました。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

娘と2人で上野動物園
上野動物園 アイアイの森

■昨日の娘日記

昨日は、娘と2人で上野動物園へ。
気に入った動物だと、ずっと見ていたいみたいで、「バイバイする?」と聞いてから移動するようにしています。
ゾウ、カメ、ワニ、カエル、各種サルを気に入ってました。
両生類・爬虫類が好きで、両生類・爬虫類展もお気に入りです。
アイアイが好きなので、アイアイの森へも。
「アイアイ」という動物がいます。暗闇で見えにくいのですが。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』