「どこかで聞いたことがある大事なこと」をよりよく伝えるために必要なこと

245

「早起きが大事」「習慣が大事」「基礎が大事」など大事なことは世の中にたくさんあります。
ただ、それを普通にいうだけでは伝わりませんし、身につきません。
どこかで聞いたことがある言葉になってしまうからです。
DSC03430

伝わらない、身につかない大事なこと

世の中、数多くの情報があふれていますが、本当に大事なことが限られているのではないでしょうか。

ただ、その大事なことを伝えようとしても、なかなか伝わらず、身につきません。
どこかで聞いたことがある言葉だからです。

名言や誰かが言ったことをシェアするだけでは、効果は薄くなります。

大事だけど、どこかで聞いたことがあるフレーズ

たとえば、こういったことは大事ですが、、どこかで聞いたことがありますし、誰かしら言っています。

・早起きが大事
・習慣が大事
・毎日コツコツが大事
・人前で話せることが大事
・掃除、整理整頓が大事
・食事は大事
・お金の管理は大事
・時間が大事
・人生は一度きり
・残業しないようにしよう
・あいさつは大事
・ワークライフバランス
・好きなことを仕事に
・運動は大事
・基礎の繰り返しが大事

もし、こういったことを自分が大事と思い、誰かに伝えたいと思ったら、何か工夫が必要です。

大事さを伝えるのに必要なこと

毎日ブログを書いている、メルマガを書いている、本を出している、セミナーをやっている、税理士という仕事をしているのは、大事さを伝えたいからです。
その上で、こうやったら伝わるのではないか?と次のようなことを考えています。

実践する

大事なことを伝えるには、まず自分がそれを本当に大事と思っていなければいけません。
「早起きが大事」と思っていても、早起きをしていなければ伝わりません。
実践することがなければ、実感できず、説得力はなくなるでしょう。
いくらいい言葉でも、「○○さんが言った」「○○に書いてあった」「○○に学ぶ」では伝わり方が薄いと思っています。

主体的に自らが苦労して実践したからこそ伝わるはずです。

具体的な事例

抽象的な言葉だけで、伝えようとしても限界があります。
具体的な事例を挙げて、抽象的な言葉と組み合わせることで、真実味が増すはずです。
その具体的な事例が、自分だけのもの(体験)であれば、より効果的でしょう。

言葉

言葉の可能性は無限大で、組み合わせや表現方法でいくらでも独自性を出せます。
使う言葉を変えることで伝わり方が変わるはずです。
たとえ(比喩)を使う手もあります。

視点

普通とは異なる視点で語れば、大事さがまた違った伝わります。
自分の見方が変わっていればいるほど、新鮮さも出てくるでしょう。
大事なことが、世間で言われていることと逆の場合も効果的です。
(実はそういうことの方が多かったりします)

「誰がいうか」

「何をいうか」も大事ですが、「誰がいうか」も大事です。
あの人がいうなら・・というのがあるはずで、その「人となり」がよく伝わっていれば大事さも伝わる可能性があります。
だからこそお互いの信頼関係や、自己開示は欠かせません。
これはブログでもメルマガでも本でも気をつけていることです。

偉大な人がいえばいいわけでもなく、あまりに距離が遠い人だと、どこか他人事になってしまいます。
それは「人となり」が伝わってこないからでしょう。

自分が大事だと思うことを、お互いが伝え合い、受け継いでいけば世の中がよりよい方向に進むと思っています。
積極的に伝えていきましょう。

 

 





【編集後記】

昨日はランチ時にお客様と打ち合わせ。
はじめて行った虎ノ門アンダーズのラウンジ。
料理もおいしく景色も最高でした。

その後、椿山荘のラウンジでお客様と打ち合わせ。
アフタヌーンティーが絶品です。

見た目によらず(?)こういったところが好きで、打ち合わせもより楽しくなります。
もちろん、きっちりと打ち合わせさせていただきました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

アンダーズ ラウンジ
聖路加病院
メタルギアソリッドⅤ

Spread the love