フリーランスは赤信号で止まって考える習慣が必要

ひとりで働くなら、自分で自分に赤信号を出して、止まって考える習慣が必要です。
そうしないと、だれも止めてくれません。
DSC03281
※自宅近く交差点で撮影

独立・起業すると青信号だけで進みがち

独立・起業すると、ついつい突き進んでしまいます。
もちろん、食べることができるようになるまで邁進しなければいけない一面は確かにあるのですが、青信号で突き進むだけでいくと、
・延々仕事をしている
・寝る暇もない
・それでいて稼ぎも少ない
といった状態になり、会社員時代よりもつらい状態になってしまいます。

ひとり仕事では、こうなると危険

ひとりで仕事をしているとこうなると危険です。

・朝、起きれないとき

自由を求め、独立・起業したはずなのに、朝起きることができないとなると、何か間違っている可能性があります。
長時間働き過ぎなのか、精神的につらいのか、何か原因があるはずです。

・眠れないとき

夜眠れないきは、なにかトラブルを抱えている可能性もあります。

・食事を省略したいとき

ご飯を食べるくらいなら仕事をしていたい、ご飯を食べるのも忘れてしまったとなったら、時間管理がまずい可能性が高いです。

・お客様と会う前に嫌な気分になるとき

お客様と会う仕事の場合、会う前に憂鬱になる、その日がせまるとそわそわ落ちつかないということがあると、その仕事を続けるべきか考えるべきです。

・仕事が増えてもお金が増えないとき

仕事は増えて、充実しているように感じても、実際のお金(現金、預金)が増えていないときは、なにかが間違っている可能性があります。
・コストばかりかかって、売上が少ない(利益が少ない)
・売上の入金が遅い
・わりにあわない仕事が多い
などといったものが考えられます。

・やりたいことができていないとき

やりたいことをやるはずが、そのやりたいことができないと感じるとき、仕事や時間の使い方がまずい可能性が高いです。

・「疲れてるね」といわれるとき

自分では元気なつもりが、お客様や友人、家族から「疲れているね」といわれたときは、顔に疲れがでている可能性があります。
仕事のとり方、時間の使い方、ストレスといった問題がある可能性が高いです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


毎日赤信号で止まる習慣

体と同じで、何か症状がでてからでは遅いケースも多いです。
気づくと疲弊し、体調を壊し、何らかの犠牲を払っていることもあります(私も体を壊したことがありました)

そこで、オススメするのが、あえて赤信号で止まって考える習慣をつけることです。
次のような方法で立ち止まって自分の現状を毎日診断しています。

・やらないことリストを作り、そのリストを見る

自分がやらないと決めたことをリストにし、それを毎朝見ています。
やらないことリストこそ、赤信号です。
160個くらいあるので、7つにわけて1週間で全部見終わるようにし、いったん止まって考えることができます。

・ブログを書く

ブログを書いて、自分の現状を診断します。
切羽詰まっていたり、落ち込んでいたりしたらブログは書けません。
ブログを書くことは、ある意味立ち止まることです。
そこで考え、このままでいいのかどうかに気づけます。

・お金の管理をする

日々お金の管理をすることも赤信号になりえます。
数字は、現実を明らかにしてくれるからです。

毎朝、前日使ったお金を記録していき、月初に自分のお金の状況を把握し、立ち止まって考えています。

使ったお金だけではなく、売上も日々確認します。
今日、いくら売上となったか、今月は今のところ売上がどうかを常に把握しているので、今の道を進んでいいか、止まるべきかの判断ができるのです。
もちろん、売上に即つながることばかりではありませんが、食べていくには、一定のお金は必要ですのでそのバランスをとっていく必要があります。

・1日の終わりにあえて仕事をしない

毎日、夜は仕事をしないようにしています。
これも赤信号の1つです。
強制的に止まることで、今の自分を見つめ直すことができます。

寝る直前まで仕事をして、そのまま寝てしまうようなことがあっては、仕事から離れて考えることもできません。

・プライベートの予定を先に入れる

仕事を優先し、どうしてもプライベートは後回しになりがちです。
もちろん、それがいいなら別ですが、そうでないならば、仕事とプライベートの予定を同等に扱いましょう。
プライベートの予定は立ち止まって考えることができます。
仕事は大事ですが、究極的に仕事とプライベートの垣根はありませんし、仕事へのフィードバックも大きいです。
言うなれば、「仕事だけをしている人」には負ける気がしません。

■スポンサードリンク

まとめ

ひとりで仕事をしていると、進む(青信号)よりも、止まる(赤信号)が難しくなります。
アクセルだけではなく、ブレーキが必要なようにあえて止まることをしているからこそ、グンと進むこともできるはずです。
勇気を持って止まりましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】

今シーズンのトライアスロンもあと3戦。
今週末の佐渡(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)、今月末の九十九里(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)、そして先日申し込んだ11月のロタ(スイム2km、バイク90km、ラン21km)。

ロタ(グアムの近く)も楽しみですが、まずは最難関の佐渡の完走を目指します!

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

SSAW
西小山駅
Caffexcelsior八重洲地下街




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###