独立・起業後に激増する雑用を処理する3つの選択肢。まずは効率化・やめる

独立、起業すると一気にやることが増えます。
まともにやっていては大変です。
その増えた「やるべきこと」を処理するには3つの方法があります。
IMG 2614

独立すると、やることが増える

7月に独立したばかりの方のブログで、こんな記事がありました。

退職前の事務処理能力は実力ではなく恵まれた環境のおかげだった | Like YOU
退職してひとりで書類を作っているのですが、効率的に作業ができないなぁと感じていました。 作っている書類も初めてのものなのですが、思い知らされたのは、いかに恵まれた環境で仕事をさせていただいていたかと …

退職してひとりで書類を作っているのですが、効率的に作業ができないなぁと感じていました。
作っている書類も初めてのものなのですが、思い知らされたのは、いかに恵まれた環境で仕事をさせていただいていたかということです。
高価な業務用ソフトが搭載されたパソコン。
コピー機、プリンター、書籍、備品類すべてが揃っていました。
当たり前だと思っていたんですけど、環境が整っていたんですね。
自分の事務処理能力も過信していたようです

独立すると、環境作りから自分でやらなければいけません。
それらをそろえる時間もお金も自腹です。
私も独立後にびっくりしました・・・。

ペン1本買うのでも、自分を足を運ぶ必要があります。

そのほかにも、
・電話応対
・宅急便の受け取り
・不在の場合の手続き
・事務用品の購入
・事務用品のチェック
・印刷
・製本
・ホッチキス止め
・FAX送信
・切手購入
・切手貼り
・問い合わせ窓口
・営業
・契約書作成
・経理
・給与計算
・役所の手続き
など、今までは、会社の各担当者がやってくれていたことを全部自分でやらなければいけません。

増えたやるべことを処理する3つの方法

こういった増えた仕事を処理するには3つの方法があります。

1 人を雇う
2 アウトソーシングする
3 効率化する


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


このうち、1と2ができれば簡単です。
しかし、それにはお金がかかります。
ただでさえ、資金に限りがある以上、現実的な選択肢ではないでしょう。

この場合、「経営者がやることじゃない」と見栄を張ってお金を払うことは禁物です。
もちろん、1と2はそのうち必要になっていきます。
しかし、まずは3の「効率化する」を考えるべきでしょう。

この中には、「やめる」ことも含まれます。

リセットしてやめることが大事

独立すると、どうしてもそれまでの経験を引きずってしまいます。
通常は、それまでの経験を「活かして」独立・起業するのですから、無理もありません。

ただし、「どういう仕事をするのか」「どういう生き方をしたいのか」は、いったんリセットすべきです。

そういう私も、引きずってしまい、多くの失敗をしました。
過去の呪縛から開放されるのに、3年ほどかかっています・・・・。
今、ブログやメルマガ、セミナー、書籍で情報発信しているのは、そういった遠回りをさけてもらいたいからでもあります。

「その仕事が必要かどうか」
常に問い続けましょう。

いまだにこの問いは自分に語りかけています。
そのうえで、1の人を雇う、2のアウトソーシングを選びましょう。
お金を使うなら、効率化のスキルアップに投資した方が、ゆくゆくは役に立ちます。

『ひとり社長の経理の基本』に書いたように、まずは自分で効率化するのが一番です。





【編集後記】

今日の夕方から宮崎へ行く予定だったのですが、台風の影響で変更となりました。
明日は東京があやうかったので、明後日の朝、出発します。

ま、しかたないですね。
予定外に空いた東京での時間を有意義に使います。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

某所問い合わせ
台風による航空便変更

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』