Excelデータを弥生会計へインポートするためのマクロ

Excelコンサルティング事例で、Excelデータを弥生会計へインポートするマクロを納品しました。
このマクロのしくみを解説してみます。
※事例は実際のものとは異なりますが、同じ考え方でできます。
スクリーンショット 2014 07 09 9 16 34

Excel→弥生会計インポートの流れ

Excelのデータを弥生会計にインポートする(取り込む)と、経理業務がかなり楽になります。
ネットバンクのデータだと、自動取り込みできるしくみがありますが、次のようなケースではExcelからの取込が欠かせません。
・ネットバンクでなく通帳から入力する場合
・現金、立替費用などを入力する場合
・Excelで作ったデータを会計ソフトに入力する場合

Excelから弥生会計へのインポートの流れは次のようになります。
1 Excel上で、弥生会計へインポートできる形式に変換する

2 変換したデータをCSVファイルで保存する(テキストファイルよりもCSVファイルで保存した方が便利です)

3 弥生会計で、CSVファイルを取り込む(仕訳日記帳を開いて、Alt→F→Iを押すと楽です)

このうち、2の部分でマクロを使っています。

マクロを使う理由

Excelデータのインポートは、毎日又は毎月繰り返す業務です。
こういった業務は、マクロで自動化しておくと楽になります。

毎回、同じ操作を人間がやる必要はありません。

Excelのデータを弥生会計形式に並べ替えるには、
スクリーンショット 2014 07 09 9 59 04

データの1行目にだけ数式を入れて、
スクリーンショット 2014 07 09 9 59 26

これをデータの数だけコピーします。
スクリーンショット 2014 07 09 10 00 24


■スポンサードリンク

※詳細は、次の記事を参考にしてください。
会計ソフトにExcelを取り込む場合には、数式連動が楽。 | EX-IT


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール


これを人間が毎回やらずに、マクロにやってもらいます。

流れとしては、
1 データの数を数える
2 数式が入っている部分をコピーする
3 変換データを新しいブックにコピーする
4 変換データをCSVファイル形式で保存する
です。

マクロを動かせば、import.csvというファイルができますので、それを弥生会計側で取り込みます。
もしエラーがでたらimport.csvを直接修正してください。

Excel→弥生会計インポートマクロ

これをマクロで書くとこうなります。
ーーーここからーーー

ーーーここまでーーー
※Application.DisplayAlerts = Falseは、警告を無視するマクロです。

マクロって??という方はこちらの記事を参考にしてください。

Excelでマクロを書く下準備ーExcelを持っていれば無料で使えますー | EX-IT
Excelマクロ入門ー実際にかんたんなマクロを書いてみましょうー | EX-IT

後日こういった記事も書きました。
【関連記事】Excelから弥生会計へのインポートの基本・発展・マクロ | EX-IT
リンク





【編集後記】

7/9はブログをスタートした日でもあり、独立が決まった日でもあります。
ブログはともかく、なんとか続いています。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

表参道 エチカ カフェ
恵比寿アトレ フランフラン
中目黒スタバ


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』