コクヨ黒曜石でセミナースライドを指で操作!Apple Watch よりおすすめ。

セミナーのスライド(パワポ、Keynote)を操作するときに、フィンガープレゼンターの黒曜石。
指で操作できるので便利です。
IMG 9890
※女川フューチャーセンターCAMASSにて iPhone 7 Plus

パワポ、Keynoteのセミナースライドの操作

パワポ(PowerPoint)やKeynoteをセミナーで使う場合、スライドの再生、アニメーションの操作をしなければいけません。
通常は、PCのキーボード(Enterキーなど)で操作することが多いです。

私も、Excelセミナーやブログセミナーなどでは、操作を見せるセミナーなので、キーボードで操作します。
いわゆるプレゼンやスライドのみで完結するセミナーは、キーボードを操作せずにPCから離れた場所で、スライド操作できると便利です。

・右や左と立ち位置を変えて話せる
・大きめの会場でも対応できる
・PCの配置の自由度が高まる
といったメリットがあります。

プレゼンターといわれる機器もありますし(レーザーポインターも兼ねています)、ワイヤレスマウスも使えるのですが、もっと小さく手軽なもののほうがより便利です。

Apple WatchでKeynote操作

時計でプレゼン操作ができる!と思い、Apple Watchでもセミナーのスライド操作を試してみました。

ただ、できるにはできるのですが、
・Wi-FiまたはiPhoneとのテザリングが必要
・iPhoneが必要(iPhoneにKeynoteアプリが必要)
・対応はMacのKeynoteのみ
といったことに加え、操作しにくいのです。

時計としてつけておき、こう操作することもできますが、
IMG 0151

現実的には、このように手に持ったり、
IMG 0146 1

手に巻いたりして使うことになるでしょう。
IMG 0148

画面を長押しすると[戻る]もできて、操作する分には申し分ないんですけどね。。
IMG 0145 1

セミナースライド操作には黒曜石がおすすめ

セミナーで、離れた場所でのスライド操作が必要なときは、以前から使っている[コクヨ パワポ操作用 フィンガープレゼンター 黒曜石 ELA-FP1]を使っています。
(コクヨと黒曜石をかけているようで。。今日、ブログを書いていてはじめて気づきました。。)

黒曜石は指輪のような形です。

IMG 0152

指輪のようにつけて使うこともできますが、
IMG 0142

左手の人差し指につけて、左手の親指につけて使っています。

IMG 0143

そのままPCを操作するときも楽です。
IMG 0153

受信側のUSBアダプタは、本体に挿して持ち運べるのでなくす心配もありません。
IMG 0141

パワポ操作用とありますが、MacのKeynoteでも問題なく動いています。

心配のタネは電池。
LR43というアルカリ電池を使い、15時間持つらしいのですが、それほど持たない印象です。
電源を切り忘れることもあり、いざ使おうとするというときの電池切れだと困るので、こういった安い電池を買って毎回変えています。

Amazonで350円です。

セミナー、プレゼンをやる方、ぜひ使ってみていただければ。

Amazonで3,391円です


【編集後記】

昨日は、MacBookPro Retina15インチが到着するとあって、終日に自宅に。
プログラミングの勉強も進めつつ、Macのセットアップもやりました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
MacBookPro Retina15(2016)
Touch Bar


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』