適度に・ときどき・あえて「負け」を作る

「勝ち続ける」「成果を出し続ける」というのが理想ですが、なかなか難しいです。
「勝ち」ばかりではなく、適度に、ときどき、あえて「負け」を作るのをおすすめします。


※自宅前にて Sony α7

負けレース

昨日、デュアスロンに参加してきました。
スイム→バイク→ランのトライアスロンと異なり、デュアスロンはラン→バイク→ランという競技です。

今回は、ラン10.5 バイク80 ラン 9.5の合計100km。

結果は5時間6分。昨年の4時間39分と比べると散々で、負けレースでした。
まあ、いろいろと理由はあるのですが、結果は負け。
バイクのこぎかたを意識して変えてみたら途中までのタイムがよくても最後まで持たず、次のランもぼろぼろでした。
情けないし、つらいし、ボロボロでのゴール。
こういったときはゴール時にガッツボーズしません。

ただ、こういった「負け」は次につながります。
次はメインレースの4/17宮古島トライアスロン(スイム3.0 バイク157 ラン42.195)。
ここでの「勝ち」につながるはずです。

「負け」は次の「勝ち」につながる

毎シーズン、こういった負けレースがあります。
その後にいい結果が出ることが多いのです。

レースだけではなく、練習に参加して他人との差を実感するのもいい薬になります。

勝ち続けるのが理想ですが現実はそうそう簡単ではありません。
少なくとも私は、どこかで負けを経験しないと、前に進めないタイプです。

・最初の受験は負け(不合格)
・就職は決まらず就職浪人2年
・最初の就職でも負け(辞めることになった)
・税理士試験も初年度は負け(不合格)
・独立後は仕事が全然取れず
・仕事が取れたと思ったら時間がなくなりストレスが激増
・独立後、お金の使い方がわからず無駄遣い多し
・トライアスロンデビュー戦はスイムリタイア
・マラソンデビュー戦は、32kmで脚が動かなくなり歩いてゴール
・セミナーやって最初の2年は全然集まらず
・個別コンサルティングは2年ほどは、1年に1人か2人
・ブログをはじめてもなかなかアクセスが上がらず


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


「勝ち」というのは、小さな「勝ち」ですが、上記の「負け」は「勝ち」につながっています。

勝ち続けられない以上、負けを勝ちに変えていくしかありません。
キャラでも勝ち続けるよりも負けて強くなるキャラが好きです。

・アムロに負けつつも、強くなっていったシャア
・ミホークに負けて強くなっていったゾロ
・海南大附属に負けて強くなっていった花道
・ボロボロになるたびに強くなっていったサイヤ人
・翼に負けつつ強くなっていった日向小次郎
・葛西に負けて強くなった太尊

適度に・ときどき・あえて「負ける」

「負け」を「勝ち」に変えるといっても、普通に生きていたらそうそう「負け」はありません。
「負け」を意図的に作るのがおすすめです。

そうすることによって、大きな「負け」を防げます。
適度な負けを、ときどき、あえて作ってみてはいかがでしょうか。

・新しいことをやる

新しいことをやると「負け」の可能性が高まります。
どんどん新しいことをやって、負けておきましょう。

今までと同じことを、今までと同じ場所でやっていたら負けないのは当たり前です。
負けもなく勝ちもないところにいても成長はありません。

・結果が出ることをやる

勝ち負けの結果が出ることをやるのがおすすめです。

その最たるものはスポーツ。
勝敗のほか、完走、タイム、てごたえなど、結果が求められます。

自主開催セミナーをやる
商談に臨む
本を出す
といったことも結果がでるものです。

■スポンサードリンク

こういったことでも私は負けを経験しています。
セミナーだって毎回応募があるわけではありません。
ちょくちょく負けています。

ブログを書くことも、結果が出るのでおすすめです。

・学び続ける

・本を読む
・人に会う
・セミナーに参加する
といった方法で、自分よりもすごい人にはいくらでも触れることできます。
そこで「負け」を感じることができるのです。

私が本を読んだりセミナーに参加したりして学ぶのは「負け」を作るためでもあり、本だけではなくブログを読むことでも、 負けることはできます。

業界の中ではいい感じになってきても、別の業界にいくと全然なことは多いです。
専門スキルだけで勝負できる世の中ではありません。
「もっと強いやつに会いに行く」
ことが欠かせません。

「まだこの人には勝てないな」

どうやったら勝てるか
を常に考えているのです。

適度に・ときどき・あえて負けてみましょう。

追記:デュアスロンの負けを活かして、宮古島トライアスロン、完走できました。
【関連記事】宮古島トライアスロン参戦ガイド[宮古島トライアスロン2016完走記①] | EX-IT
リンク





■スポンサードリンク
【編集後記】
デュアスロンから帰宅して風呂に入って、16時から個別コンサルティング。
太ももが痛かったのですが、キリッと臨みました。

個別コンサルティング、土日枠もあります。
(土日は個別コンサルティング、セミナー、執筆などはやっていいことにしています)

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

デュアスロン後にコンサル
パン屋 金麦
クックパッド ほっぺが落ちる餃子

Posted from するぷろ for iOS.




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###