アシスタントのいない美容院。自分にあった働き方を選ぶ。逆に行くか流れに乗るか

引越後、美容院を変える必要があり、ネットで探していってきました。
アシスタントを雇わない主義の美容院でした。
IMG 2810

美容院をさがすときの条件

ここ数年、決まった美容院がなく、たまたま引越を今年2回やったことで、完全に美容院ジプシーです。
今回の引越後、近くで探すことにしました。

美容院に限らず、可能であるならば、「自分でやっている」「チェーン店じゃない」ところを探します。
プロフェッショナルに仕事を頼むときには、他の業種でも同じスタンスです。
これは、私が、「自分でやっている」からでもあります。
同じスタンスで働いている・生きている方なら、気があう可能性も大きく、仕事ぶりも期待できるという考えです。
(確率の問題ですので、大型店やチェーン店の方がダメというわけではありません)

今回もそういうところを探しました。

アシスタントを雇わない主義

探し当てたのは、スタイリスト2人だけでやっている美容院です。
しかも自宅から3分ほど。
「ここだ!」と思い、即ネット予約。
ネット予約できるのも私にとってはうれしいです。

髪を切ってもらいながら、「アシスタントを雇わない主義なんですか?」と聞くと、
「いえ、主義ってほどでもないんですが、流れ作業みたいにやるのが嫌なんです。アシスタントにまかせておくと、お客様の細かいところも把握できないこともあるし」と。

通常、美容院だと、規模を拡大し、アシスタントを雇い、シャンプーはアシスタント担当、掃除はアシスタント担当、ブローがアシスタント担当ということがあります。
切ってもらう側としても、落ち着かないことも多いでしょう。
しかたないといえばしかたないのですが、今回のところのように、全部やってもらった方が私は楽です。

聞くと、「土日だと切った髪の掃除で大変なときもありますが、なんとかなります」と。
2人でやりはじめて、5年ほどたっているそうです。

休みも、定休日の火曜日の他に、月に2回連休があります。きっちり休みもとり、自分なりのスタイルでやっている美容院です。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


単価はやや高いのですが、 サービスやスタンスからすると妥当でしょう。
アシスタントがいないため、対応できるお客さんの数は少なくなりますが、その分単価やリピート率で、きっちり利益を出している印象です。

自分にあった働き方を選ぶ

どの仕事にも、伝統的な、セオリーとされる働き方があります。
ただ、だれでもかれでもそれにそわなくてもいいはずです。

人には好き嫌いや、得手不得手、個性があるので、自分にあった働き方を選ぶのが大事でしょう。
そして、自分のあった働き方をすると、その働き方に共感する仕事、お客様が集まります。

リスクを負って独立・起業したのですから、レールに乗る必要はありません。
「こういう業界だから」
「これはやっておかないと・・・」
「普通はこうする」
と、古いレールに乗らずに、どんな働き方をして、どんなサービスやモノを提供したいかを自由に考えるべきです。

自分なりに、「○○する主義」「○○しない主義」というのを大事にしましょう。
そうやって個性を出していくか、それとも個性ではなく拡大路線にいくか、舵をきるなら思い切ってどちらかに切った方が楽です。

ちょうど昨日、一緒に8/2のイベントをやる、吉田さんから、”イメージの真逆を歩む税理士さん”とご紹介いただきました。
最高のほめ言葉です。
逆にいくか、流れにのるか、選択肢は常に2つあります。

チェーン店、拡大という流れの逆をいく、オーガニックバーをひとりでやる高坂勝さん
大手出版社という流れの逆をいく、編集プロダクションをひとりでやる吉田秀次さんとのイベント、残席わずかです。

雇われない、雇わない生き方〜ひとりビジネスがかっこいい!〜 | 【出版コンサルティング】有限会社ソーシャルキャピタル





【編集後記】

今朝、羽田を発ち、1時間で能登空港、その後、ふるさとタクシー(乗り合いのマイクロバス)で、和倉温泉の宿に着きました。
明日のトライアスロンのためです。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

新居近くの美容院

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』