あなたの嫌いは、だれかの嫌いかもしれない。嫌いを仕事に組み込む方法。

JRでみかけた、「あなたの好きは、だれかの嫌いかもしれない。」。
いい言葉だなぁと思いつつも、いろんなパターンが考えられるなぁと感じました。
「あなたの嫌いは、だれかの嫌いかもしれない。」もその1つです。
IMG 7755
※JR目黒駅にて

「あなたの嫌いは、だれかの嫌いかもしれない。」

好き・嫌いは人によります。
「ひとりしごと」をやる場合、その好き嫌いは気になるものです。
嫌われたらどうしようという不安ばかりつのります。
私もそうでした。

○「あなたの好きは、だれかの好きかもしれない」

自分が好きでやっていることが好かれ、自分が好きな人から仕事を依頼される。
これが理想です。

×「あなたの好きは、だれかの嫌いかもしれない」

自分がよかれと思っても、買ってもらえない可能性はあります。

×「あなたの嫌いは、だれかの好きかもしれない」

自分がやりたくなくても、望まれる仕事かもしれません。
自分が嫌いな人から仕事くるかもしれません。
実はこれが多いのではないでしょうか。
気をつけなければいけません。

○「あなたの嫌いは、だれかの嫌いかもしれない」

そして、「自分の嫌いが、だれかの嫌いかもしれない」。
これも大事です。

自分が嫌いなことは、だれかの嫌いなことである可能性もあります。

嫌いを、仕事にうまく組み込む方法

「ひとりしごと」をやる場合、
・嫌いなことだけど、こんなことを言ったら、仕事が来なくなるかな・・・
・嫌いなことだけど、これをやらないと、仕事を頼んでもらえないんじゃ・・
・嫌いなことだけど、いうとおりにしてないと仕事を断られるかも
といった不安があることが多いのですが、その「嫌い」は、お客様も嫌いかもしれません。

私は電話が嫌いです。
かけられるのもかけるのも。

・いつでも出られるわけではない
・かけ直してもいつでも出てもらえるわけではない
・記録が残らない
・移動中(電車)に話せない
・相手の状況を考えてかけなければいけない
・ついつい長くなる

そのため
・メールはきちんと返す
・ネットに窓口(問い合わせフォーム)を作っている。
・電話問い合わせ窓口は、なし。
・メールで連絡できる方としか仕事をしない
といった仕事のやり方をしています。

こうしておけば、電話が嫌いという方と、方向性が一致するのです。

こちらが利用する場合もネット問い合わせ、ネット予約ができるしか選びません。
(どうしてもという場合以外は)

□スポンサードリンク

見せ方というのはいくらでも工夫できますし、むしろ工夫しなければいけないものです。
嫌いを表に出さなくてもコントロールできます。
(嫌いと、ここに書いちゃっていますが・・。)

また、嫌いなものを避けるためにやった努力は、提供できる可能性が高いです。

私は時間に追われるのが嫌いで、それを避けるために効率化や時間管理を徹底して研究しています。
その研究の成果を提供すれば、同じように時間に追われるのが嫌いな方に喜ばれるのです。

人を雇うのも苦手で嫌いで、そうしないための努力は、やはり同じように考える方に提供しています。

営業が苦手で嫌いですが、営業自体はやらなければいけません。
ネットでの営業ならできるので、それを徹底的に研究した結果、そのノウハウを提供できるようになりました。

自分が嫌いなことは、少数派であることも多いのですが、実は多数派であることもあります。
思わぬチャンスの可能性も高いです。
自分の嫌いはビジネスのタネになりますので、徹底的に向き合ってみましょう。

□スポンサードリンク

嫌いをさりげなく表に出すのも手

「自分の嫌いが、だれかの嫌いかもしれない」

これを明らかにするためには、嫌いを表に出すのも手です。

私はHPにも、「お役に立てないケース」として、

・領収書を送って試算表だけを安く作って欲しい
・海外に支社がある
・土日、夜のみしか打ち合わせの時間がとれない
・ITやPCにまったく興味がない
・会社に意思決定者が複数人いる(共同経営者がいる場合)
・メールを使わない(どこでも送受信できる体制にしていますので、メールであれば、すばやく返信します)
・電話で頻繁に連絡をとりたい(恐れ入りますが電話連絡は緊急時のみとさせていただいております)
・新しいやり方や仕事の改善に興味がない
・打ち合わせ時にはたばこを吸いたい方

などといったことを書いています。

ブログでも随所に、こういうことはやらない、嫌いと書く主義です。
ただ、直接否定はせずにスタンスを示すことで嫌いを表しています。
【関連記事】AとB。Aだけ書いてBは否定しない。
リンク

ダメなものは最初から書いておきましょう。
(もちろん好きなものも書いておきます)

嫌いなことを書いておくのは、自分の嫌いとお客様の嫌いを一致させる1つの方法です。
仕事が減ることもあるかもしれませんが、そもそも嫌いな仕事を必要以上に増やしてもしかたありません。

 






【編集後記】

ちょっとまいったがあったのですが、解決策が見つかり、なんとか復活。
今後、いいネタになるなぁ〜と、ほくそ笑んでいます。
まいりましたが(^_^;)

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

目黒 ラッセ
酢飯+手巻き寿司を作ってみた