成果を出すために境目をなくしていること。仕事と遊び・トレーニングと試合・心と体・他人と自分・時間とお金

常に意識しているとともに、結果的にそうなっていることの1つに、「境目をなくす」があります。
IMG 7030 1
※境目のない五島のホテルにて(適度に離しました) iPhone SE

二元論では表現できない

・右か左か
・正しいか正しくないか
・善か悪か
など、どちらかに割り切って考えられないものもあると考えています。

きっちり分けることができるなら、世の中に悩みはなくなるはずです。
状況に応じて、判断していき、ときには、両方とも考えなければいけないことも多いのではないでしょうか。

境目をなくす

私は様々なことの境目をなくしています。
意識してやっていることもあれば、結果的にそうなったものも多いです。

たとえば、時間とお金。
どちらか一方だけ考えるわけではなく、同時に考えてバランスをとることにしています。

一時的に、どちらか一方を重視することはあるとしても、重視しすぎる、つまりバランスを崩すと、うまくいきません。

「バランス」と「どっちも中途半端」の境目も難しいところですが。

境目をなくしていること

私が境目をなくしていることで代表的なものは、次の5つです。

1 仕事と遊び

これは仕事でこれは遊び。

そう言い切れない部分もあります。
遊びから得るものも多いですし、仕事がつらく遊びが楽しいというわけでもありません。


■スポンサードリンク


お金を得るのが仕事、そうでないのが遊びというわけでもなく、お金を直接得ることができないこと(業務改善、経理など)も大事です。

2 トレーニングと試合

ここまでは、トレーニング、練習。
ここからは試合、本番。

そうきっちり分けられるわけでもありません。

仕事も、人生も、ときどき試合があるとも考えられますが、ずっとトレーニング、鍛錬とも考えられます。

むしろ、積み重なるもの、磨いていくものと考えると、人生はずっとトレーニングではないでしょうか。
そのトレーニングを怠ると、成果を出せません。

理想は、何かを積み重ねることが得きる、磨けるものを続けていくことでしょう。

3 心と体

心と体もつながっていると感じています。
心が疲れると、体も疲れますし、体が疲れると心も疲れます。

両方ともケアしていないと、疲れ果ててしまうものです。
デスクワークでは体をそれほど使っていないようでいて、心が疲れてしまうことも多いのではないでしょうか。

4 他人と自分

他人のためだけに何かをやる、考える。
自分のためだけに何かをやる、考える。

どちらかに傾くと、いい結果にならないと思っています。
他人にも自分にもためになることが、理想です。

5 時間とお金

前述した時間とお金。
お金があっても時間がない、時間があってもお金がない。
どちらかに偏ると、思考や行動の範囲が狭まります。

同じように考え、orではなく、andでとらえましょう。
新刊『毎日定時で帰っても給料が上がる「時間のつかい方」をお金のプロに聞いてみた!』でも時間とお金の両方を考える術を書きました。





【編集後記】
昨日は長崎五島トライアスロンスイム(3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)。
なんとか完走!と思いましたが、ラン22km地点くらいでリタイアとなりました・・。
実力不足&練習不足です。そのうちブログネタにします・・。

出場した仲間は、見事完走!すばらしいです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

トライアスロン ランでリタイア
メディカルテント

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』