「仕事がない、暇なときは、どうするか?」よりも仕事の波をなくすことを考えよう。

仕事がないとき、暇なときに焦っても間に合いません。
仕事の波をなくすことを考えるべきです。
EX IT SS※波のない、おだやかなロタ島の海。GoPro HERO4

仕事がないと困る!

「仕事がない」
「ひまだ・・・」
となると、独立後は非常に困ります。

会社員の頃なら、ひまだ〜という状態でも給料が入ってきますが、独立後はそれがありません。
たとえば、会社を設立して自分に給料を払っていても、懐は同じようなものです。

「仕事がない・暇=お金に困る」ということになり、焦ってしまいます。
しかし、そのときに焦っても仕方ありませんし、むしろ焦ってはいけません。

焦って変な仕事をとってその場をしのぐことはやめましょう。
変な仕事とは、

・安い仕事
・自分の軸に反する仕事

です。

仕事がない・暇なときに焦っても間に合わない

変な仕事を取るよりは、
・勉強
・スキルアップ
・HP作成
・ブログ作成
・チラシの作成
・営業活動
などをやった方がいいといえます。

ただ、こういたことは、仕事がなくなってから焦っても間に合わないことが多いでしょう。
短期的なことではなく、中長期的なものだからです。

仕事がない、暇だからやるのではなく、いつでもやっておくべきことなのです。
そうすることによって、仕事がない状態、暇はなくなります。


■スポンサードリンク


といっても、仕事の波は少なからずあるので、常にその波をできるだけなくすことを考えましょう。

私の仕事の1つ、税理士も、仕事の波が大きい仕事です。
12月から5月までは、いわゆる繁忙期と言われ文字通り忙殺されます。
そうならないようにこれまで工夫してきました。

仕事の波をなくす方法

仕事の波をなくすために、次の3つをやってみましょう。

1 繁忙期の仕事を手放す

まずは繁忙期の仕事を手放します。
これをやらないと、仕事の波はなくなりません。

繁忙期にがっつり稼いで、そうでないときに休むという方法でもかまいませんが、それほどがっつり稼げるわけではないはずです。
もちろん、がっつり稼いで1年分の収入をその時期に稼げるならそれでもいいかもしれませんが、一時期に仕事が手中すると、健康やプライベートを犠牲にするというデメリットもあります。

それならば、中長期的に考えて、繁忙期に集中することをさけましょう。
繁忙期をなくすのです。

私は独立2年目くらいから、この繁忙期の仕事を手放してきました。
税理士にとって繁忙期の仕事とは、個人の確定申告です。
これらを手放し、今はコンサルで教えることしかやっていません。

繁忙期の売上を手放すとその他の売上を考えざるを得なくなります。

2 時期を選ばない仕事を作る

時期を選ばない仕事、自分のペースである程度すすめられる仕事があると、仕事の波がなくなり、仕事がない・暇をなくせます。

私の場合だと、
・個別コンサルティング
・自主開催セミナー
・ブログ
・記事執筆
・書籍執筆
などです。

こういったものがあると、ある意味いつでも仕事がありますし、暇になりません。。。
それはそれでデメリットもありますが、仕事の波をなくせます。

セミナーでも他社開催や研修講師だとそうはいきません。
やはり繁忙期はありますし、先の日程も抑えられてしまうからです。
自主開催だと、「もうちょっとがんばらないと・・」と思ったときに開催することもできます。

3 未来の売上のために日々活動する

中長期的に、未来の売上のために日々活動することも大事です。
仕事がなくなってからやるのではなく、日々やります。
どんなに忙しくても、どんなに仕事が重なっても、例外なしでやっておけば、仕事がなくなる・暇にはなりません。

中長期的な活動には、次のようなものがあり、売上にはつながらなくても、日々やることで時間を埋めておくと暇はなくなります。

・ブログ、メルマガなど蓄積されるメディアを持って発信する
ブログは、今でこそ売上につながっていますが、当初は全然ダメでした。
(ブログスタートは2007年7月9日。独立は同年8月1日)
独立1ヶ月目の売上は5万円弱。
2ヶ月目、3ヶ月目、4ヶ月目も5万円弱。
仕事はありませんでしたが、つたないながらも毎日ブログを書いていたので暇ではありませんでした。
暇で何もしていないとブログが書けません。
ブログを書くために何かしらやっていたのです。

・読書、勉強を毎日やる
読書、勉強も毎日ちょっとずつやるべきものといえます。
まとめてやろうとしてもうまくいきません。

・新しいことを試す、挑戦する(1日1新)
新しいことを試すということもやっておけば、やること、やりたいことがあふれるようになり、仕事がなくても暇ではなくなります。
【関連記事】「1日1新」、この1年は912。1年は短くなく一生は長くない。 | EX-IT
リンク

・長時間仕事をしない
長時間仕事をすると、中長期的には健康を害し、心の面でもストレスがたまります。
また、仕事の効率が上がりません。
時間を制限して、時間管理スキル、効率化スキルを上げる努力を日々やりましょう。

・経理
経理をやっておくべきなのは、数字、お金を見るためです。
仕事がなくても、それでいいのか?そのままでいいのか?を判断するのは、「今」のお金、「将来」のお金を把握しておく必要があります。
・今、いくらあるのか、今後どうなるのか
・今、いくら払っているのか、今後どうなるのか
・今、いくら入ってきているのか、今後どうなるのか
と把握しておきましょう。
短期的な活動(今、食べていく)と、中長期的な活動(今後食べていく)のバランスを取るためにも数字の把握が必須です。

もちろん、中長期的な活動をゼロにしてはいけません。

このバランスを調整しながら、仕事がないとき=暇をうまく活用しましょう。





【編集後記】
昨日のレスパスは、新橋の脊椎ストレッチ。
あやしげな(笑)雑居ビルに行き、20分背骨を暖めて、10分、逆さづり。
背中がのびて気持ちいいです。
また行ってみようかと。

IMG 5178

レスパスについてはこちらの記事で
【関連記事】Lespas(レスパス)で行った10個のレッスンの口コミ。月額9,800円+税でヨガ、ストレッチ、ムエタイなどに通い放題! | EX-IT
リンク

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

銀座 蒙古薬膳しゃぶしゃぶ 小尾羊
レスパス 新橋 新橋健康サロンサライン 脊椎ストレッチ