お金の話が苦手な私が工夫していることー値段・メニュー・無料提供・フォーム・収入の柱・個性ー

フリーになると、お金の話をしなければいけません。
お金の話が苦手な私が、工夫していることをまとめてみました。
IMG 4633
※新宿の銀行にて(ブログネタに使えるかと思って撮った) iPhone 6s

お金の話がうまい人、うまくない人

世の中には2種類の人間がいます。
・お金の話がうまい人
・お金の話がうまくない人

前者なら、お金の話を躊躇なくでき、これでもかと売りをかけてくるタイプです。
もちろん、商品、サービスがいいもので自信があるからこそできることなのですばらしいことといえるでしょう。

後者は、お金の話が苦手でうまくないタイプ。
私もこちらです。
フリーになってもなかなか抜け出せません。

フリーになる前に、
・モノやサービスに値付けする
・モノやサービスを売る
といったことをやっていれば、身につくのでしょうが、こういったことをまったくやらないでフリーになるケースも多いです。
私もそうでした。

そうなると、お金の話はなかなかできないのではないのでしょうか。

お金の話をしないと、疲弊する

ただ、お金の話をしないと、
・仕事をしても
・時間を使っても
・労力を使っても
お金が入ってきません。

食べていくためにはお金が必要です。
お金だけが必要ではありませんが、食べるだけのお金は欠かせません。

お金の話から逃げて、
・安くしておきます
・お得ですよ
・いいっすよ、代金は
・サービスしますよ
・なんでも聞いてください!
となどとやっていると、疲弊していきます。

そうならないためにも、堂々とお金の話をすべきです。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

お金の話が苦手な私が工夫していること

とはいえ、お金の話は、やっぱり苦手なので、次のようなことを工夫しています。

値段を決める

「見積もりします」
「ニーズに合わせます」
というのは良心的なようで、難しいです。

自分の提供するものは、「○○円」と、決めておいた方が楽になります。
私は、「○○円〜」としない主義です。
「〜」があっても、自分では、結局値段を上げられず、買っていただく方にも「いったいいくらになるんだろう」と思われてしまいます。

それなら、最初から「○○円」と決めておいた方が楽です。

値段、メニューを公表する

私はやっている仕事については値段、メニューを決めてネット(ブログ、HP)で、公表しています。
公表していないと、対面で話さなければいけないからです。
お金が苦手なタイプは、お金の交渉が苦手ですので、ついつい安くしてしまいます。
そうならないように、事前に公表しているのです。

ネットではなく対面の場合も、メニュー、料金表を必ず提示します。
メニューがある店だと、こちらが買う側でも値切らないはずです。
値切られるのは、メニューがないからであり、メニューがあっても値切られるなら、その方はお客様ではありません。
その覚悟を決める上でもメニューを作り、明かしましょう。

問い合わせフォームから申し込んでいただく

値段、メニューを決めて明らかにしておき、申込フォームで買っていただくようにしています。
その方がシンプルですし、申込しやすく、申し込まれやすいからです。

これが、対面やメールのやりとりをはさむと情が出てしまいます。
情が出てしまうと、「いいですよ」「安くしときますよ」と言ってしまいがちです。

無料で提供するものを決める

フリーになってモノやサービスを提供しお金をいただく。
お金の話をするのが苦手な私は、少なからず抵抗があります。

だからこそ、無料で読めるブログやメルマガを書くのです。
無料の範囲で手を抜いて書いているわけでは決してありません。
そんなことをすれば、読まれなくなります。
「ブログやメルマガは無料」と決めているだけです。

・有料で提供するもの
・無料で提供するもの
を明確にわけておくと、お金の話をしやすくなります。

・有料で提供するもの
税務顧問
コンサルティング
セミナー

note

・無料で提供するもの
ブログ
メルマガ

さらに、無料で提供するものを徹底的にやっておくと、有料で提供するものも提供しやすくなります。
これは無料、これは有料と身体にしみこませるわけです。

逆説的なのですが、無料に徹底してこだわると、有料にも徹底してこだわれます。

収入の柱を多く持つ

お金の話をするのが苦手なので、多少なりとも痛みを感じます。
その痛みの種類が異なる仕事をやらないと、プレッシャーにおしつぶされてしまうのです。

だからこそ、異なる収入の柱を持っています。
・税務顧問(法人への価値提供。対面)
・コンサルティング(1対1の価値提供、対面)
・セミナー(1対多の価値提供。対面)
・ブログ収入(無料で読んでいただけるが広告収入がある)
・本、記事執筆(印税という形で入ってくるが、読者は安価で買える)
・講師(講師料という形で入ってくるが、参加者は安価又は無料)

相見積もり、商談をしないようにする

お金の話が苦手なので相見積もりされるとへこみますし、勝てません。
商談も苦手です。
クロージング・・ってなんすか?って感じでもあります。

相見積もりや商談をしないようにするには、自分を開示しなければいけません。
だからこそブログ、HPなどのメディアを持ち、自分を開示し、伝わる努力を毎日やっています。
書籍を出すというのも相見積もり、商談を避けるためにも必要でした。
そのために独立当初から出版を狙っていたのです。
(そのためにもブログを書いていました)

個性を出さなければ、比較されるので、新しいことをやり、違いを作る工夫も日々やらなければいけません。
見た目普通なので、違いを作るために、思考や行動で違いを出すようにしています。

ネット上で検索して見つけてもらえる努力も欠かせません。

「お金の話が苦手・でもお金は必要」
このジレンマを打ち破るためには、何かをやらなければいけません。
同じように苦手な方は、今回の記事を参考にしていただければ。





【編集後記】
昨日は、確定申告無料相談会の相談員を担当しました。
その後、いったん帰宅して、ヨガへ。

落ちこぼれ(=身体が硬すぎる・・)ので、先生から集中攻撃でへとへとですが、ちょっとずつやわらかくなってきました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

コレド室町 ジャスミンタイ
ケトル ポテトチップス
品川区確定申告無料相談会

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』