自己体験か、疑似体験か。オフィスと自宅を両方体験した上での『ひとり税理士の自宅仕事術』。

世の中、体験には、自らのものと疑似体験があります。
どちらも大事です。

※独立当初の秋葉原のオフィス by Leica M10

オフィスと比較した上での「自宅」

本日、新刊『ひとり税理士の自宅仕事術』が発売となりました。
お買い上げいただいた皆様、ありがとうございます。
(キャンペーンへご参加いただいだ皆様、ありがとうございます。)

『ひとり税理士の自宅仕事術』は、自宅でどうやって仕事をしていくかを記したものです。
この自宅での仕事には、デメリットも当然あります。
一方で、自宅ではなくオフィス(事務所)を借りることにもメリット・デメリットがあるものです。

私はオフィスでの仕事も自宅での仕事も経験しています。
これまで13年半のうち、オフィスを借りていたのは、
・2007年8月〜2011年6月の約4年
・2013年1月から2014年12月の約2年
あります。
(その他、レンタル、コワーキングもあり)

本書にも、オフィスのデメリットは書きました。
その上で、今は自宅で仕事をしています。
オフィスと自宅を経験して、今はオフィスを借りず自宅で仕事をしている理由は次のようなものです。
(人を雇わず、ひとりでオフィスを借りることを前提としています)

・自宅だと移動時間がいらない
・自宅だとモノがいらない(オフィスの机、椅子、ケーブル等)
・自宅に設備を集中できる(高性能デスクトップパソコンを自宅に置く)
・自宅だとオフィスの家賃がかからない
・自宅でもオフィスでも集中しようと思ったらできる。オフィスでもだらけるときはだらける
・自宅でもオフィスでも仕事の依頼確率はそうそう変わらない(そうする工夫は必要)
・自宅でも、対面打ち合わせの場所は工夫できる(外で準備。オンライン)
・自宅でも気分転換方法はある
・自宅でも紙を使わなければ、場所に困らない

両方体験していると、自宅での仕事に多少デメリットがあっても、気にならなくなります。
だからといって、オフィスを借りることを体験する必要はありません。
疑似体験という方法があるからです。

自らの体験か、疑似体験か

本、ネット、セミナー、コンサルティングなどは、疑似体験といえます。
その人の体験、知識・スキルを得ることができるものです。

私もこれらのものを活用し、時間やお金と大きく節約できています。
自らが時間とお金を使わなくても、いいわけです。
(このブログも疑似体験していただければと思って書いているものです。)

今回の『ひとり税理士の自宅仕事術』も、私が時間とお金を犠牲にした上での情報を提供しています。
オフィスを借りてみなくても、オフィスと自宅の比較が疑似体験できますし、自宅でどういう仕事のやり方をするかの疑似体験をしていただけるよう書きました。

オフィスを借りるとなると、初期費用もかかりますし、家賃や備品も必要で、そしてなおかつ、すぐに解約できない場合もほとんど。
手続きや移転、準備にも時間・お金がかかります。

自らが体験しなくてもいいでしょう。
疑似体験できるわけですから。

今、自宅で仕事をしている方だけではなく、これから独立する方で、「自宅で仕事をしようかどうしようか」と考えている方にもお読みいただき、疑似体験していたければうれしいです。

そして、この「体験」には大事なことがあります。
自らの時間・お金を犠牲にした体験も必要ということです。

自らの体験も大事

疑似体験して、時間とお金を節約、ショートカットした分、自らがその時間とお金を使った体験があるはずです。
その体験を提供していきましょう。
そうすれば、また別の人が疑似体験し、時間とお金を節約できます。
それが「仕事」の定義の1つではないかと。

疑似体験する側だけではなく、自らの体験を提供し、疑似体験していただく側も楽しいものです。
だからこそ、時間とお金を何に使うかを日々大事にしておきましょう。

また、自分が時間とお金を犠牲にしてきたもの・投資してきたものを提供できないか、誰かの疑似体験にならないかを常に意識しておきたいものです。
それが仕事のタネ、ネタ、強みになりえます。



■編集後記

今愛用しているSIGMA fpの派生機、fp Lが発表されました。
ひとまず予約(キャンセル可能なところで)。
懸念事項もあるので、もうちょい考えます。

「1日1新」
新宿御苑 ネット予約
まるで無重力! 超軽量 晴雨兼用折りたたみ傘 Gゼロポケット傘 (ピンク)

■娘(4歳0ヶ月)日記
保安官キャリーという、保安官のネコのアニメが気に入っています(ディズニープラス)。
「ほあんかんって何?」と聞かれたので、「おまわりさんみたいなもの」と答えましたが……。