セミナー業をやりたいなら数万円のプロジェクターを買ったほうがいい理由

セミナーを柱の1つにしたいなら、プロジェクターを買うのがおすすめです。
元をとるようにセミナーを開催するようになります。
セミナー プロジェクター
※自宅にて iPhone X

セミナーを柱にしたいなら、毎月やる

セミナーを柱にする、つまりセミナー業としての柱をつくるには、やはり積み重ねが必要です。
セミナーをやるのはそれなりに難しく、トレーニングも欠かせません。
・話し方
・会場の選び方
・スライドの作り方
・時間調整
・セミナーの内容
など、トレーニングすべきことはやまほどあります。

そのため、セミナーを定期的、月に1回やるのがおすすめです。
毎年1回だとトレーニングの頻度としては少なすぎるでしょう。

また、毎月開催することで、
・セミナーをやっているという認識を持っていただける
・自分の覚悟が決まる
・ブログやHPへ、常になにかしらのセミナーを告知できる→ブログの効果も高まる
というメリットがあります。

プロジェクターを買うとセミナーをやるようになる

セミナーをやるようになる秘訣の1つは、プロジェクターを買うこと。
プロジェクターを使うセミナーをやるなら、
・プロジェクター(またはディスプレイ)完備のセミナールームを使う
そして、
・自分のプロジェクターを買う
という方法があります。

プロジェクターを借りる場合の問題点

というのも、プロジェクターを借りるとなるといろいろと問題もあるのです。
・どんなプロジェクターかわからない(HDMIケーブルが使えるか、明るさはどのくらいか)
・プロジェクターレンタル代(1日数千円〜1時間数千円まで)がかかる
・プロジェクターのセッティングに手間取る
といった問題があります。

「プロジェクターあります!」というセミナールームでも、その詳細をきく手間もかかりますし、プロジェクターがあっても、HDMI端子がなかったり、めちゃくちゃ古かったりすることもありました。
一方で、つながらないとMacのせいにされるのが余計にストレスです。
(Macだからダメということはありません)

プロジェクターレンタル代がかかるとなると、セミナー開催のコストも上がり、おっくうになります。

プロジェクターを買うとセミナーがはかどる

プロジェクターを買って自分のものにすれば、そんな心配はなくなるのです。
買うなら、6万円〜10万円ほどで買えます。
その元をとるなら、セミナーを数回やればいいはずです。

私の場合、2013年2月にプロジェクターを買いました。
67,000円、BenQのプロジェクターMW817ST(現在は販売されてません)です。


■スポンサードリンク

それ以降の5年で、185回セミナーをやっています。
毎回そのプロジェクターを使っているわけでなく会場のディスプレイを使うこともありますが、それでも100回ほどは、このプロジェクターを使ってきました。

プロジェクターのおかげで、セミナー業という柱ができるなら安いものです。
明るさが足りなくなったら買い替えようと思いつつも、まだまだ使えます。

おすすめのプロジェクター

プロジェクター選びのポイント

プロジェクターを選ぶ際に考えたいのは、
・明るさ
・端子
・短焦点かどうか
です。

明るさは「ルーメン」という単位で表現され、3000ルーメンだと部屋を暗くしなくても見えます。
部屋を暗くすると手元も暗くなりますので、おすすめしません。
細かくいうと、コントラクトやレンズの質のもよるのですが、1つの目安として3000ルーメンを考えておくといいでしょう。
さらには、スライドを工夫します。
文字は大きめ、スライドの下の方には文字を入れない、色合いを考えるといったことです。
色合いは、プロジェクターによって異なることもありますが、自前のプロジェクターだとそのくせがわかります。

端子は、HDMI端子か、VGA端子があり、HDMIのほうが接続もかんたんで安定していると感じます。
PCとプロジェクターをつなぐケーブルも同時に準備しましょう。
自前なら相性も事前に確認できます。

最後に短焦点。
これは、スクリーンにどれだけ近づけて設置できるかというものです。
通常だと、ある程度話して設置しなければいけないので、設置場所を工夫しなければいけません。
ときには、前方の席が使えなくなることもあります。
短焦点だと、スクリーンに近づけて設定できるので楽です。

我慢したいのは重さ、大きさ。
軽く、小さいと、明るさがなかったり、高くなったりします。
私が今使っているのも、2.8kgありますが、許容範囲です。
大阪や名古屋でのセミナーでも持っていっています。

軽くて小さいプロジェクターは、100ルーメンほどのものもありますので、セミナーでは使いにくいです。
このプロジェクターだと、
・参加者が2人で、机に投影する
・もともと暗めの場所(バー)でセミナー
で使いました。

おすすめのプロジェクター

明るさ、HDMI、短焦点、価格、と考えると、今だとこれがおすすめです。

8万円しますが、申し分ありません。

もうちょっと値段を下げて67,000円の私が持っている機種の後継機もおすすめです。

今年こそセミナー!という方は、プロジェクターを買ってみるのも1つも手です。
会場選びの選択肢も広がります。

セミナーノウハウについては、動画教材がありますので、ご活用いただければ。
オンラインショップ


【編集後記】

昨日はExcelマクロ入門セミナーを開催。
実際に仕事でつかっているマクロを拝見し、解読することも。
同じ操作ができ、かつシンプルなマクロも書いていただきました。
自分が書いたマクロなら改善もしやすいものです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

親子3人分のESTA申請
茶碗蒸しをつくった
蒸し器

【昨日の娘日記】
入園予定の保育園にて、「保育園で遊ぼう」というイベントの予定でしたが、そこへ向かう途中に張り紙が。。
インフルエンザ流行のために中止でした。
残念ですがしかたなく。。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』