宮崎日日新聞インタビュー掲載 ーネタになりやすい「強み」を見つける3つのコツー

今週月曜日、故郷の宮崎日日新聞にインタビューが掲載されました。
これまでの経緯、今のスタイルについての記事なのですが、客観的に改めて読むと、われながら、行き当たりばったり、走りながら考えてる人生だと感じます。
ただ、この「走りながら考える」のは非常に重要ですし、その際には自分の「強み」を意識することが欠かせません。
DSC00969

宮﨑日日新聞 やっちょっDo!東京発

掲載されたのは、故郷宮﨑の新聞『宮﨑日日新聞』です。
宮﨑にゆかりがあり、東京で働いている人を特集するコーナーで、以前は、『人生がときめく片づけの魔法』のコンマリ(近藤麻理恵)さんも登場されています。

宮﨑日日新聞の東京支社の記者さんから、数回にわたりインタビューしていただきました。
DSC00971

「やっちょっDo!」というのは、「やっているよ」という意味で、東京で元気にやってるよということです。
宮﨑には、3歳から18歳まで住んでいました。
今も両親が住んでいて、育った家があり、トライアスロン・マラソンを2010年に始めてからは、7月のトライアスロン、12月のマラソンにあわせて帰っています。

「強み」を持つとネタになりやすい

記事の内容は、
・今の仕事のスタイル、考え方
・主な活動
・独立から今までの経緯
などです。

まあ、なにぶん変わっているので、取材も大変だったかもしれません。。
写真もセミナー風景ですし。。
(一応、たまにしかやらない税金セミナーのときです)
普通に税理士をしていたら、この取材は、実現しなかったかもしれません。

目にとめてもらうには、なんらかの個性、強みが欠かせません。
もちろん、「100人雇っている」「広くてきれいなオフィスがある」というのも強みになるのでしょうが、私には合っていませんし、興味もないです。

自分に合い、他人からも認識される強みが必要なのです。
「強み」というとかっこいいのですが、私の場合は、「クセ」に近いでしょう。
「クセ」がはまれば、ネタになりやすくなります。

自分の強みに気付く3つのコツ

「○○が強み」というのは、こっぱずかしいことですし、認めるのはなかなか難しいでしょう。
ただ、この強みを意識していくことで、自分の判断軸や働き方が明確になってきます。
強みを意識していきましょう。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

私が実践し効果があったおすすめの「自分の強みに気付くコツ」は次の3つです。

1 強みを100書き出す

強みを100個書き出します。
Excelやテキストに入力してもかまいません。
(私はEvernoteに入力しています)

大げさに考えずにちょっとしたことでも書いていきましょう。

そこで、私の100リストを公開します。
こんな程度でいいくらいの参考にしてください。

法人税
消費税
所得税
Excel
Evernote
iPhone
読書術
時間術
ポモドーロ
タスク管理
税理士受験
gmail
Dropbox
mac
トライアスロンデビュー
フルマラソンで4時間を切る
WordPress
Facebook
トレイルラン
ブログ
ツイッター
セミナー開催ノウハウ
メルマガ配信方法
文章術
Word
プレゼン資料作成
Keynote
都内ランニングコース
起業
節税
資金繰り
iPad
ピボット
関数
Excelマクロ
ショートカットキー
ブラウザ
セキュリティ
書籍の書き方
人前での話し方
HTMLカスタマイズ
経営分析
相続税
贈与税
ネットバンク
ネット納税
トレーニング
宮崎
トライアスロンおすすめレース
トライアスロンのトランジッション
トライアスロンの道具
ノマドできるカフェ
ノマド術
Wi-Fi
テザリング
請求書の書き方
料理の作り方
おいしい店
打合せにいいカフェ
GTD
オーダーシューズ
仕事術の本
田んぼ
本田直之さん
おすすめ書籍
MacでWindows
ガンダム
海外サッカー
時間の作り方
ファイル整理
家計簿の付け方
税務調査
領収書の保存
セミナー募集フォームの作り方
皇居ラン
freee、マネーフォワード
タイピング
スケジュール管理
グラフ
会計ソフト
会計ソフトExcel
給与計算
社会保険の知識
バルセロナ
大阪
公務員の世界
転職の仕方
残業せずに帰る方法
早起き
物事の継続
HPの作り方
重ね煮
おすすめアプリ
フリック入力
海の泳ぎ方
バイク
メールが苦にならない
ITが苦にならない
値段の決め方
ペーパーレス

これで100書き出せればOkです。
100書き出そうとすると、どこかでとまってしまいます。
そのとまってから絞り出すのが大事で、苦労して絞り出すほどいいものが出てくるのです。
(私は様々なリストを100書き出すようにしています)

もし100まで書き出せないときは、次の2つを日々やってみてください。
そして、強みが見つかったらリストを追加していきます。

100書き上げたあとも、定期的に見直し、強みを増やしていくと効果的です。
私が最初に強みリストつくったのは、2009年で、それ以来ときどきアップデートしています。
昔ブログネタに困るときはこのリストを眺めていました。

2 反応を得る機会を増やす

強みとは、他人から判断されるものです。
どんどん出して、反応を得る機会を増やしましょう。

話す、書くというのがその機会になります。
ブログを毎日書くというのは、その反応を得る機会を劇的に増やすのです。
家族、友人に聞いてもらうというのもいいでしょう。

3 強みをメモする

強みに気付いたらメモしておきましょう。
なんとなーくではなく、「強み」を意識するようにするのです。

友人や家族、同僚、上司、部下、お客様に話して、または書いてみて、興味を持たれたことを、それがお金になるかどうかは考えず、シンプルにメモしましょう。





【編集後記】

昨日の午後は、ブログコンサル。
独立を決めた方で、今日からブログ更新をスタートします。
楽しみです!

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

新宿西口バーガーキング
ゴントラン アイスレモネード
新しい税務ソフトで地方税手続き

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』