強みがあるから「独立」ではなく、弱みがあるから「独立」

強みがあれば独立という考え方がありますが、弱みがあるからこそ独立とも考えています。
IMG_0009

※夜の東京税理士会館 iPhone XS

独立に強みは必要か

独立を考えるとき、独立してからも、「強み」というキーワードが思い浮かびます。
・なにか強みがないと
・強みをつくらないと
・強みがないと独立できない
といったことも考えられるでしょう。

強みがあったほうがいいのは事実です。

ただ、そうそうかんたんにつくれるものでも、見つけられるものではありません。

強みが何たるかがわかるまで独立しないと考えていると、独立の機会を逸してしまうこともあります。
そして、独立前、雇われているときは、強みを発揮できない環境です。

強みがあるということは、組織にとっていいことのようでそうではありません。
どちらかといえば、能ある鷹は爪をかくすほうがよく、出る杭は打たれる環境です。
そんな中で、強みをつくるのは至難の業でしょう。

強みは、独立してから考えるというのも1つの方法です。

弱みがあると独立できないのか

強みとは逆に、弱みがあると独立できないのでしょうか。
なんでもそつなくこなせるようになってから独立というのは、これまた独立の機会を逸します。

弱みが多少あろうと独立せざるを得ません。
営業が得意で、経理が苦手、経理が得意で営業が苦手というパターンも多いものです。


■スポンサードリンク

私自身も弱みは多く、独立後11年、いまだに克服できていません。
ことさら、税理士としての弱みは多く、

・データ入力
・紙
・書類
・営業
・値上げ
・税務署の雰囲気
・繁忙期
・仕事量が多い状態
・アポが多い日
・電話
・FAX
・郵送
・コピー
・プリントアウト
・はんこ
・手書き
・夜の仕事
・たばこ
・つきあいの飲み会
・形式ばったイベント
・社交辞令
・定期的な集まり
・納得いかないことはできない
・人を雇うこと
・同じことを繰り返すこと
・同じ仕事をずっとやること
・仕事だけの1日を過ごしたくない
・プライベートも大事にしたい、家族と過ごしたい、家にいたい
などが、できないこと、苦手なことです。

弱みがあってもなんとか食べていけているのは独立しているからだと思っています。

弱みがあるからこその独立

組織にいれば、弱みは許されないものです。
・できない
・苦手
・やりたくない
というのは通用しません。

通用したとしても、給料や昇進に反映される可能性もあります。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

もちろん、弱みを克服するのが理想です。
しかしながら、その弱みを克服することにより持ち味も消えてしまう場合もあるでしょう。
人ができることは限りがあり、何かを弱くしないと何かが強くならないと思っています。
力も強くて魔法も使えてというのは通常ありえないのです。
弱みを克服したくない・克服できない言い訳かもしれませんが。

私は、上記の弱みがあるからこそ、できていることもあります。
・手書き、紙、書類が苦手なので、PCやITを使いこなすように
・営業が苦手なので、商談・クロージング・値段交渉などを対面でやらなくていいように仕事をとる方法を研究するように
・仕事を多くこなせないので、効率化を研究し、仕事量を減らすために仕事のとり方・内容を徹底して考えるように

弱みの逆は強みですので、弱みをとことん考え、弱みから逃げることで、強みがうまれるものです。
最近では、「PCオタク税理士」「パワポ税理士」というのも拝命。
独立していなかったらこういった芽も育たなかったでしょう。
ブログも書かなかったでしょうし、独立していなければ「普通の税理士」だったはずです。
独立したからこそ開花するものもあるのではないでしょうか。
その開花に「弱みを克服」は邪魔なのです。

独立したい方、独立している方に数多く会う中、「あーおもしろいなぁ」と思う方は、必ず弱みがあります。
弱みも個性であり、その個性こそが武器です。
だからこそ、弱みが多い・深い方にこそ、「独立しましょう」とすすめています。
(もちろん、弱みを徹底して意識し、考え行動することが前提ですが)
弱みが多いと独立にむいているというよりも、組織にむいてません。
むいているから独立ではなく、組織にむいていないから独立というのも現実に近いでしょう。
(私もそうです)

弱みを消して標準化するという教育(学校、組織)のクセもありがちです。
独立は、その呪縛から放たれ、自分を取り戻すことでもあります。
独立後のほうが、弱みをそのままにし個性を活かせる可能性が高いものです。

弱みが多いなと思う方は、独立も考えてみましょう。


■編集後記
昨日の夜、翌日のトライアスロンの準備。
前回(9/30)の村上トライアスロンから宅急便で箱に入って戻ってきたトライアスロンバイク。
そのままにしていた=練習していないのは反省点です……。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

夜のジョナサン
DrawboardPDF

■昨日の娘日記
「ちゅるちゅる」と麺類が好きでよく食べています。
食べるのもおもしろいんでしょうね。
ときどき遊んでしまいますが。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』