持ち歩けるホワイトボード[SHOT NOTE NUboard]

最近、持ち歩くメモ帳は、この<SHOT NOTE NUboard>を使っています。
ホワイトボードのように書いて消せますし、Evernoteとも連携します。
IMG 7040

<SHOT NOTE NUboard>とは

<SHOT NOTE NUboard>は、こちらのブログで知りました。
書いたのは友人です(^^)
シゴタノ! 持ち運べるホワイトボードに書いて画像で保存「SHOT NOTE NUboard」

ブログを読んで、即Amazonでポチッったのですが、その後、「品切れでした。申し訳ありません」とのメールが来てしまったのです。。。。。。
収まりがつかないので他のショップを探すも、当時は見当たらず。

店頭で買おうと販売元のキングジムに電話して、取扱店舗を聞き、実際に行ってみました。
教えたもらった店舗のうち、銀座・伊東屋にはなく、銀座の東急ハンズで購入し、3週間ほど使っています。

もともと<SHOT NOTE>というツールと、<Nuboard>というツールがあります。
<SHOT NOTE>とは、普通のノートでiPhoneのカメラを使って、Evertnoteへきれいに取り込めるもの、<Nuboard>は持ち歩くホワイトボードとして、ペンで書いたり消したりできるものです。

この2つは合わさったのが、<SHOT NOTE NUboard>、試さないわけにはいきません(^_^;)

どのように使うかを解説します。
付属しているペンはこういったものです。
黒と赤、そしてイレーサー(消すもの)がセットになっています。
IMG 7036

このように図を書いたり、
IMG 7041
文字を書いたりできます。
ここまでは<Nuboard>の機能です。
IMG 7042

書いたものを、普通にカメラで撮るとこうなります。
IMG 4847

iPhoneアプリの<SHOT NOTE>では、4隅のマーカーに合わせて写真を撮ると、

IMG 4848

このようにきれいにおさまります。
これは<SHOT NOTE>の機能です。
IMG 4850

その後、メニューで[Evernote投稿]をタップすると、
IMG 4849

Evernoteにアップされます。
自動連動でないのが残念です。
スクリーンショット 2013 01 21 8 15 20

注意点

使ってみてわかった注意点があります。

1 文字は認識しない

Evernoteに取り込んでも、いわゆるOCRはありません。
文字は認識せず、検索できないのです。

ただし、上部の[no]と[Date]に記入したものはナンバーと日付として認識されます。

現実的には、メモをテキストでEvernoteに入力した方が好ましいでしょう。
私は他の手書きメモもテキストで再入力しています。確実な検索や加工をするためです。

2 うっかり消してしまう

通常のホワイトボードのように、書いた文字は簡単に消せます。
ただ、そでや指がちょっと当たっても消えてしまうのです。
はじめて使ったときにやってしまいました。
書いたメモが消えてしまっていたのです(T_T)

同様にページを開いたままバッグにいれていたら、文字が消えていました(^_^;)
「ページを開いたまま入れるな」って突っ込まれそうですが。

3 ペンを忘れると使えない

専用のペン又はホワイトボードマーカーでないと書くことはできません。
他のもので代用がきかないため、忘れずにペンを持っていかなければいけません。
これもやっちゃいました(^_^;)

意外な利点

<SHOT NOTE>を使ったときも感じたのですが、「Evernoteにきれいにとりこめる」というのが、どのくらいメリットがあるのかは疑問です。
テキストに変換してくれればいいのですが、そういう機能はありません。
私の場合、Evernoteに保存する情報はアウトプットにつながる可能性があるなので、編集や加工できるかどうかが重要なのです。
メモをとって、テキストに入力するのならば、普通のメモ帳でも変わりません。

また、似たようなものとして、「iPadで書くのとなにが違うのか?」を考えてみました。
画面に書く、実際にペンで書くというのは感覚がやはり違います。
iPadのペンもさんざん試して、今のもの(pogo Touch)に落ち着きましたが、やはり通常のペンの方が書きやすいです。
iPadを常に持ち歩くかという問題もあるでしょう。

<SHOT NOTE NUboard>は約200g、iPadは約650g、iPadMiniは約300gです。
ただ、iPadMiniだと書けるスペースも小さくなります。

……と、いろいろ考えながら使っていると、意外な利点がありました。
それは、

【メモを消せること】

です。

打ち合わせ時のメモや、解説したメモは、機密情報や数字も含まれます。
テキスト入力したら、これらを消せるのは便利です。

「消せる」と考えると、自分のアイデアもなんでも書けます(人に見られたらまずいアイデアが多いわけでもありませんが)。

この利点が<SHOT NOTE NUboard>を気に入った理由でもあります。

何よりも、ペンでホワイトボードのように書くのは楽しいです。

「じゃあ、Nuboardでよかったんじゃないか?」という疑問も今感じました(笑)

ただ、<SHOT NOTE NUboard>はB5変型、<NUboard>はA3変型、A4変型、新書版と大きさが違います。

値段はちょっと高いのですが、何度も使える点を考えると悪くないでしょう。
Amazonではプレミア価格になっていますので注意してください。定価は3,045円です。
今は、楽天なら在庫があります。

1/26のEvernoteセミナーでは実物お持ちします(^^)

1/26(土)「Evernote 情報片づけ塾」残席2名





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日の朝、皇居ランデビューをサポートさせていただきました。
着替えをするランナーズステーション(ロッカー、シャワー)を案内し、皇居を1周(5km)。
もちろん、ゆっくりとしたペースです。
なんだかんだと、月1回くらい誰かを巻き込んでいます(^_^;)